夏目房之介の「で?」

大正4年「飛行少年」6,7月号の「写真小説」

»

昨夜の八卦掌練習で、仲間の日本文学研究者の方から大正4(1915)年の雑誌「飛行少年」6,7月号(日本飛行研究会発行)の「写真小説」なるカラーページの資料をいただいた。オフセットで写真を使った4頁の絵物語形式。写真はおそらく合成と絵で映画的に作られていて、当時の最新式を感じさせる。目次をみると「樺島勝一」の名がみえ、表紙絵や挿絵を描いている。細密な挿絵画家として有名だが、東風人の名で描いたのがマンガ史では必ずあげられる『正チャンノ冒険』(大正13(1924)~昭和元('26)年)。表紙の絵にはややその雰囲気が。雑誌は『正チャン』より10年ほど前だ。でも、樺島を売りにした雑誌のようにみえる。なかなか興味深い資料なので、共有しておきたいと思って紹介しました。ありがとうございました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する