夏目房之介の「で?」

ローマで買ったしょうもなさそうなマンガ

»

Le Avventurine di PENE e VAGINA表紙2.JPGローマ書店で発見した、しょうもなさそうな、しかしつい買ってしまうマンガ。「Le Avventurine di PENE e VAGINA」(作者はFABRIZIO BIGGIO)。イタリア語知らないけど、多分「ペニスとヴァギナの冒険」?(Avventurineをネットで翻訳検索したら「砂金石」って出たけど) バッカだねー(笑)。田中圭一先生的なものを感じます。手塚先生もペックスという艶笑マンガの怪作を発明してるし、この手の想像力は不滅かつ世界共通なのかも。

Le Avventurine di PENE e VAGINA p59.JPG

Comment(5)

コメント

置いていったマンガ本もある中で、その漫画本をお持ち帰りになったのはなぜでしょうか?????

山根さん、お世話になりました。この本持って帰国したのは、もちろん話のネタになるからです。でも、タイトルの意味がわかりませんでした。

もひとつの理由は、僕が「おバカまんが」が大好きだからです。

山根緑

タイトルは先生の訳で当たりです  ^_^

コメントを投稿する