アジア地域ネタ(主に中国・台湾)や、広報、IT周りのことを、「のんびり寄り道」ペースで。

簡単で夏にピッタリ。手作り「フレーバーウォーター」

»

インフルエンサーワイヤーから、「フルーツ味の水?香りがフルーツ?話題のフレーバーウォーターは手軽に作れるか?」というNewsletterが届き、気になったので早速週末に作ってみました。

まずは、Pinterestで、「flavored water」+「recipe」で検索をしてみました。すると、沢山のレシピが出てきたので、気になったものを自分のボードに貼り付けて行きました。

Follow Naoko Kawahara's board Flavored water on Pinterest.


中でも、もっとも私が作りたかったのは、「Strawberry Mango Water」。前の日に、近所のスーパーでマンゴーを安売りしていたので、「それがあれば作れる!」と思い、買いに走りました。しかし、案の定、「旬じゃないから、無いかも」と思っていた、イチゴが有りませんでした。

Strawberry Mango Water。ピン元は、こちら

気を取り直して、二番目に作りたかった「きゅうりのフレーバーウォーター」に挑戦することに。
レシピは、化粧品のORBIS社のサイトにあった、お菓子研究家の福田里香さんのレシピ「お肌のための健康レシピ きゅうりのフレーバーウォーター」を利用しました。

Water1ピーラーで薄くしたきゅうり(一本分)と、レモンの輪切りを用意するだけ。超簡単。

Water2

「冷蔵庫で半日から一日冷やす」とありましたが、ひとまず出かける前(作ってから3時間後)に試しに飲んでみました。さっぱりして美味。その後、一晩おいて飲んだら、さらに少し味が濃くなっていました。

結論として、

まずは身近&手軽な素材で試してみて、「フレーバーウォーター」が気に入ったら他の食材で試してみると良いかも。

今回、一回だけで、中身(今回の場合はピーラーで薄くしたきゅうり)を捨てるのは、「なんとなく勿体ない」という気がしてしまったので、最初からマンゴー&イチゴではなく、きゅうりで試してみたのは正解でした。次回作るとしても、マンゴー&イチゴに急にステップアップするのではなく、今回のきゅうりのフレーバーウォーターに再挑戦したり、こちらの「Ginger-lemon-thyme workout water」などを試したりしてみたいなと思いました。

 また、こちらのページによると、素材によっては、「ピッチャー内の水が半分くらい無くなったらお水を足していき、3日ほど同じ材料で楽しむことが出来ます」となっています。

さらに、単純にフレーバーウォーターだけの効果なのかは断言できませんが、きゅうりのフレーバーウォーターは、私にとってはかなりデトックス効果が高かったので、外出直前ではなくもうちょっと余裕をもって飲んだ方が良かったなと思いました。

ほのかに味がついていることで、単なるミネラルウォーターよりは飲みやすくなるので、水分補給の必要な夏場には、向いていると思います。夏は麦茶派ですが、手軽にできるフレーバーウォーターも取り入れて行きたいなと思いました。

インフルエンサーワイヤー

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する