アジア地域ネタ(主に中国・台湾)や、広報、IT周りのことを、「のんびり寄り道」ペースで。

おすすめ中国語勉強法 中級編

»

中国語学習で良く言われるのが、「中級の壁」。初級の文法を一通り学び終えて、さあ次のステップで何をするか?初級の本を何度も学びなおすのも手なのですが、飽きてしまいますよね。私が最近良いなと思っている、おススメ学習法を二つご紹介します。

NHKラジオで中国現代小説を

まず一つ目は、NHKラジオで月~金曜日まで放送されている「レベルアップ中国語」です。今年に入ってからのテーマは、「中国文学~現代の息吹」。中国の小説が毎月一本紹介されています。取り上げられている作品は、どれも2005年以降に発表された比較的新しい小説です。

この番組をおすすめしたい理由は、

  • 毎日15分だけなので時間を取りやすい。
  • 中国の現代作家を知る貴重な機会。
  • 自分の理解度が測れる。

番組では、①初めに、中国語の朗読、②次に、一文ずつの日本語訳及び重要箇所の文法説明があるので、①の中国語の朗読の段階でなんとなく意味を予測し、次の②の日本語訳の部分でどれだけ自分が理解できたか答え合わせできます。自分で小説を買ってきて読むと、なかなかこれはできないので有り難いです。

  • テキスト代は420円!語学学習の雑誌やテキストは大体1冊1000円以上する場合が多いので、比較的安い。

今月は、韓寒という1980年代生まれの作家の「1988」という作品(2010年発行)が、取り上げられています。

貴重な華流ドラマ枠を楽しむ

韓流ドラマは一時期から大量に日本で放映されていますが、華流(台湾、中国などの中国語文化圏)のドラマは、日本でなかなか放映されません。その中で、貴重な華流ドラマ枠が、BS日テレでの毎週水曜日23時~24時の枠です。前回のドラマの放送が8月に終わってから、この枠になかなか華流番組が戻ってこなかったので心配していましたが、ようやくこの2月半ばに始まったのが、「白色之恋」という作品です。

Baise ©黒剣テレビ番組制作

この番組をおすすしたい理由は、

  • (日本で)無料で華流ドラマを楽しめる貴重な機会。

  • 教科書には出てこない、普通の若者が使っているような単語が出てくる。

  • ここ1~2年の傾向をみると、既に台湾で人気があったドラマが放映されるので、面白い作品が多い。

  • 語学だけではなく、現地での流行や考え方もわかる。


現在放映されている「白色之恋」は、1995年に日本テレビ系列で放映された「星の金貨」の台湾リメーク版。台湾と日本(北海道)の両方が舞台になっています。台湾ファンとしては、もっと台湾の場面が出てほしいと思ってしまいますが、後半に期待します。主演女優の謝欣穎(ニッキー・シェ)は、本ドラマで2013年金鐘奨の主演女優賞にノミネート。主演男優の鳳小岳(リディアン・ヴォーン)は、「モンガに散る」や「九月に降る風」に出ていた俳優さん。それらの映画とはかなりイメージが違う役柄です。本ドラマは全30話で、先週(3月10日週)ちょうど第5話が終わったところですので、まだまだ間に合いますよ。

関連情報

「レベルアップ中国語」公式ページ

https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/chinese/levelup/

「白色之恋」公式ページ

http://www.bs4.jp/drama/die_sterntaler/

上記は、2014年3月17日時点の情報です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する