「使いやすく」「ハマる」技術とは! それは・・・

介護職員の人材不足が深刻化。解決策はあるのか?!

»

現在、 保育園の待機児童問題が深刻化しています。
また、同時に介護職員の人材不足も大変深刻化しています。

介護職員数は厚生労働省の発表から2013年は171万人ですが、2025年には248万人必要とされています。
今後、処遇改善等で2025年には215万人になると推計されていますが、それでも30万人足りない予測となっています。

この人材不足が介護業者の倒産につながり、現在は過去最悪のペースになっているようです。

人手不足の原因は離職、そして成り手が少ない等となり、原因は「忙しい」「給与が低い」「人間関係がうまくいかない」等となっています。
当然、離職には上記理由以外に結婚、出産による退職も含まれます。
介護職員の離職率は16~17%にもなります。

解決策はいろいろあると思います。
例えば、
1)国の制度により給与水準を高める。
2)介護事業者側の取り組み。
3)介護職の成り手を増やす取り組み。
などが考えられます。

介護事業者側として以下の取り組み等をされているケースもあります。
a)人間関係に関して
上司が毎月面談して悩み事や相談事を真剣に聞いて対応していく。
b)給与に関して
技術力や指導力を試験により客観的に職員のレベルを分け、そのレベルにより給与を決める。
試験によりレベルが上がっていくことにより、事業所のサービスレベルが上がりお客様からの信頼を得ることができるし、公平な処遇で職員のやる気につながります。
給与が増えていく為には、利用者の数を増やして事業所の財源を増やす努力も必要となってきます。

そこで、「介護職員の未来をITを活用して明るくする」ミッションを掲げている当社クリエ・ココとしては、ITを活用して介護職の成り手を増やし、介護業界の質向上に向けた新しいサイトをスタートしました。
その名も『meets care』です。(2016年3月の段階ではβ版。スマートフォンに最適化しています。)

介護女子_1.jpg

☆本サービスは2つの目的があります。
目的1:
サイト内にゲーム性を取り入れ毎日見てもらいやすく配慮しており、そして毎日見てもらうことにより、「介護スタッフの交流」「自分を磨く」「モチベーションを高める」ことができます。それにより、「介護業界全体の質向上」にお役にたちます。
目的2:
介護職のイメージを払拭して成り手を増やすことを目指しています。その為に「介護女子」として、明るく前向きな姿勢、そして成長していく過程を描いていきます。また、サイト利用者においては、普段感じられない他の施設で働くスタッフの思いや現場での様子を垣間見ることができ、介護に対する自分の考えの再確認やモチベーションのアップに繋がっていきます。

◆ ◆ ◆ 充実の5コンテンツ ◆ ◆ ◆
1:介護スタッフ紹介 『介護女子』
現場で頑張っている介護スタッフを成長と共に紹介。

2:日々を応援する 『ファイト!』
介護お役立ち情報等を動画で紹介。

3:介護スタッフ会員限定交流コンテンツ『meets 交流掲示板』
介護スタッフならではの悩みや相談事を、同業種の人と共有。

4:『ニュース』『今日は何の日』

5:手軽にスマホで勉強『e-meets ラーニング』(coming soon)
資格や技術を効率よく学べる。

meets care(2016年3月の段階ではβ版。スマートフォンに最適化しています。)

次回は、mets care内ポイントの「みーつ」について記載していきます。

■meets care「介護現場のノウハウ満載!自分を磨き、悩み相談」
■介護レク村MARKET「現場のノウハウが詰まった介護レクリエーションのアイディアの販売・購買サービス」
■ゆめさきな介護記録「作業効率が高まるクラウド型介護記録システム」

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する