ITとビジネスのおいしいところを考察 ~ ときどき開発業務改善ネタ

うわさのプレゼンター Logicool Spotlight を使ってみた

»

ITmediaさんのニュースでも取り上げていた うわさのプレゼンター Logicool Spotlight を使ってみました。

記事では、3月22日発売予定となっていますが、Apple 限定カラーであるシルバーは、すでに購入が可能なようです。実際にアップルストアに在庫がありました。

まず、デザインがよいところがよいです。そして、1分間の充電で3時間使用できます。フル充電では約3ヶ月持つとのことです。

スライド送りができるのはもちろんのこと、ポインタがレーザーではなく、ソフトウェアポインタを採用しているのが特徴です。ジャイロセンターによる操作なので、PC でも、スクリーンでも、モニターでもどこをさしても使えるわけです。また、複数のモニターやスクリーンでの講演でもすべてにポインターが表示されるわけです。

モードも話題になっている強調表示(スポットライトのようにポインタ周囲だけが明るくそれ以外が暗くなるモード)だけでなく、拡大モード、ポインタモードがあります。

それぞれに大きさの指定、マウスカーソルの表示と利用(クリッカブル)が設定できます。モードの切り替えもダブルクリックで行えます。

それ以外にも、進むと戻るボタンの長押しに機能を追加することもできます。また、指定時間が経過したらバイブレーションで知らせてくれるプレゼンで嬉しい機能もついています。

PC などとの接続も、USB レシーバーと Bluetooth に対応しています。

実際に、スクーの生放送でさっそく使ってみました。入手してから約1時間で実践です。

IMG_1183.JPG

こちらの写真は、ポインタモードです。

IMG_1179.JPGスポットライトモードだと、このようにポインタの周囲だけスポットライトがあったような演出となります。

実際の生放送でも事故もなく利用することができました。おすすめのアイテムです。

Logicool Spotlight サイト

さて、より詳細な「開封の儀」レポートを個人ブログ書きました。開封からセットアップ、実践した様子など記載していますので、関心を持った方は合わせてご覧ください。

Logicool Spotlight 開封の儀 | evangelism.jp

長沢

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する