ITとビジネスのおいしいところを考察 ~ ときどき開発業務改善ネタ

基調講演を担当します【#RSGT2017】

»

Regional SCRUM GATHERING Tokyo

毎年の恒例となったスクラムのイベント Regional SCRUM GATHERING Tokyo 2017 が1月12日、13日の2日間で開催されます。 すでにチケットは完売されている状況のようです。

プロダクトと開発の未来を考える2日間

今回のテーマです。セッションの一覧を見てみても、日本国内外のスピーカー、業種、職種、立場の異なるスピーカーによる様々な講演が予定されているのがわかります。どれを受講するのか迷いますね。

「スクラム」はソフトウェア開発だけでなく、製品開発、そして、営業やマーケティングなどでも活用されている昨今です。そこでの最新動向や、実際に実践されているプレイヤーからの発表は必見です。スクラムに取り組み始めた人、スクラムで実践している最中の人、スクラムを卒業しようとしている人などスピーカーも多種多様。それ以上に参加者は多種多様なはずです。そんな彼らとの場の共有、情報の共有をぜひ一緒に楽しめたら幸いです。

セッション情報: こちら

基調講演

今回、長沢はたいへん光栄なことに、2日目の基調講演を担当させていただくことになりました。この基調講演では、10年間エバンジェリストとしてアジャイルや日本の、世界のソフトウェア開発に触れてきたことを洗いざらいお話しする予定です。いいことだけでなく、よくなかったことも当たり障りないように最適化はしますが、お伝えしたいと思っています。

そこには、アジャイルやスクラムだけでなく、コミュニティ、ベンダー側の立ち位置、エバンジェリストとしての戦略や絶望も含まれていると思います。

過去をふりかえるだけでなく、次の10年につながればという想いもお伝えしていきたいと思います。

2日目基調講演: Agile journey through the decade

スピーカー: 長沢 智治
日時: 1月13日 10:00 〜 11:00
詳細情報はこちら

ぜひ、会場で、同じ場を共有し、有意義な意見交換や楽しいひと時をご一緒しましょう。

P.S.
嬉しいゲストも来場いただけることに!詳細は当日。

長沢智治

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する