ライフワークとしての音楽を考えていきます

「プレシャス 10月号」で『ボイストレーニングで顔の下半身を鍛え直す』特集インタビュー記事掲載いただきました

»


ある日ふと、鏡をみたときにほうれい線や、二重あごに気がつくことってありませんか?
年齢が若くても、二重あごだと一気に老けた印象になってしまいます。

じつは、ボイストレーニングをすると、声ばかりに気を取られてしまいがちですが、表情筋もしっかりと鍛えることができ、若々しい印象を与えることができます。


「プレシャス 10月号」に『二重あご、ほうれい線が消える!?エグゼクティブ向けボイストレーニングで顔の下半身を鍛え直す』
という特集インタビュー記事掲載いただきました。

インタビューの当日、モデルの真樹麗子さんがいらして、一緒にボイストレーニングしながら表情筋も鍛えていきました。

ボイストレーニングでも特に筋力アップやマッサージ効果の高い「リップロール」は、意外とやりにくいものです。
真樹さんは、「子供は簡単にできるのに」とおっしゃっていましたが、子供は肌もプルプルで柔らかいのでやりやすいのです。大人になると、表情筋が緊張して固まってしまい、リップロールはやりにくくなってしまいます。表情筋が硬くなってくると血行も悪くなり、しわやたるみのもとになります。リップロールは、声だけではなく、顔の血行や表情筋も鍛えてくれる最高のボイストレーニングなのです。

他にも舌筋のトレーニングや1分間ロングトーンなどもお伝えしています。

もしよろしければご覧下さい。


 

Facebookページ「次世代トッププレゼン」で「いいね」すると、さらに詳しい情報をご覧になれます。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する