千里の彼方からアナタに会いに行きます!この縁を大切にします。

台湾でSIMフリーのiPhone4ホワイトを買ってきた!Computex直前レポート!その2

»

台湾でSIMフリーのiPhone4ホワイトを買ってきた!今度の台湾出張はGW後半からだったので、仕事半分、旅行半分みたいな感じで、僕はSIMフリーのiPhone4ホワイトを入手することができました。宝探しのようで、とても楽しかった。

日本では4月28日にiPad2と共に待望のiPhone4のホワイトが発売され、アップルストアに行列ができていました。実は同日、台湾でも発売されていることがわかり、台北出張のタイミングでぜひSIMロック・フリーのiPhone4ホワイトを入手したい!と思って、台湾在住の知人やツイッターのフォロワーから情報収集をしてみました。
すると、集まってくるのは、「人気で売り切れ状態」「予約しても翌週」「日本人は就労ビザがないと買えない」等々、無理!という声ばかり・・・。ネットで検索しても「買えた!」という確実な情報がありませんでした。><

そこで、出張前にまずはアップル・ストアや販売店をサイトで確認しました。

・アップル・ストア http://www.apple.com/tw/reseller/appleshop/list.php
・販売店 http://www.apple.com/tw/reseller/apr/list.php

かなり数があって驚きました。知人に聞いたりしながら、宿泊先の近くの販売店をGoogle MAPを使ってチェックしておきました。Google MAPが便利すぎて、いろいろ捗りますね。

台湾でSIMフリーのiPhone4ホワイトを買ってきた!今回、台北での移動はMRTという地下鉄を使いました。昔に比べて地下鉄が発展していて凄く便利になっています。

地下鉄で台北の原宿のような「西門町」に来て、iPhone3GSのGPSを頼りに販売店「Stadio A」に辿り着きました。今回、台北でのモバイルは中華電信のパケット固定SIMカードを挿したGalaxy Tabのテザリングを使って、iPhone3GSは3Gデータ通信をOFFにしてWiFiで使っていました。これなら3Gは現地ローミング(通話しなければ無料)、GPSも問題なく、Google MAPが日本と同じように使えました。

着いたのが10時半でまだ開店していなかったので11時の開店時間までツイッター実況して時間をつぶしました(笑)

やっと開店して、店員に中国語で聞きました。

なべ: 「我想問你。有沒有 iPhone4 ホワイト」 (うぉーしゃんうぇんにー よーめいよー iPhone4ホワイト/iPhone4ホワイトはありますか?)

店員: 「沒有!(めいよー/ないよ!)(中国語で)まだこの店舗には入ってきてないよ!」

なべ: ・・・orz

もともとそんなに簡単じゃないとわかっていたので次に向かうことにしました。午後は観光で台北101付近に行く予定。近くの販売店をチェックして買えるまで全部まわる(笑)つもりでした。

ところでAndroid携帯があれば、Google翻訳アプリが便利です!日本語で喋ると、リアルタイム翻訳して、しかも音声で喋ってくれます。僕は中国語の日常会話はできるのですが、単語の発音がわからないことが多いので、凄く助かりました。

台湾でSIMフリーのiPhone4ホワイトを買ってきた!台北101は台北市内のどこからでも見える101階建ての高層ビルです。まわりにはデパートが集まっています。Google MAPで近くの販売店をチェックしながら歩いて行くと、賑やかな通りでiPad2販売中の看板を持ったスタッフに出会いました。お店どこ?って聞いて教えてもらって、Neo 19というビルの1階の販売店Stadio Aに辿り着きました。

店内に入ると、なんか日本のアップル・ストアに近い洗練された雰囲気が漂っていました(笑) スタッフもレベル高い感じで親切そう。このあたりは COMPTEX Taipeiの展示場も近く、外国人の対応も慣れているようで、どうも同じ系列の販売代理店でも店によってレベルの違いがあるようです。

台湾でSIMフリーのiPhone4ホワイトを買ってきた! イケメンのスタッフに、iPhone4ホワイトがあるかと聞くと、さわやかな笑顔で「もちろんさ!」と奥のショーケースに案内してくれました。来たー!><

16GBは結構在庫があり、32GBは2台しかありませんでした。差額がそれほどなかったので、キャリア契約なし「空機」の32GB指定。26,800元(約77,720円)をカードで支払いました。(台湾から日本への震災の「義援金150億円超」のお礼に台湾で散財すると決めていました。目的が達成できてよかった。)

購入手続きはパスポートだけでOKでした。(ビザとか必要ありませんでした!)手続きは20分くらい、店内を見学している間に、できたよ~って呼ばれて、言語設定を日本語にして、キーボード設定もやってくれました。

日本でSIMフリーのiPhone4ホワイトは秋葉原で9万円前後(しかも即完売!)だったので十分お買い得感があります。白の登場で、従来の黒は相場が落ちて来ていますが、それでも87,000円くらいします。

台湾でSIMフリーのiPhone4ホワイトを買ってきた!やはりSIMフリーだと、日本ではドコモの電波で使えること、海外で現地キャリアのSIMが使えることなどのメリットが大きいですね。しかも4月1日からドコモはSIMフリー携帯向けにマイクロSIMの販売も始めたので、SIMフリー iPhone4の人気が高まるのではないでしょうか。

裏には中国語の表記。故障とかは日本のアップル・ストアで受けてくれるので安心!この点、海外で買うAndroid携帯だとどうか?と心配になるところですね。

台湾でSIMフリーのiPhone4ホワイトを買ってきた!日本の技適は「設定」の「認証」で表示できます。

その後、買い物で寄った光華数位新天地(旧光華商場)3階のリセラーにもiPhone4ホワイト 16GB/32GBの両方とも複数台の在庫を確認しました。だから1店舗であきらめないで、アップル・ショップなどを複数回れば買えるんじゃないでしょうか?

次回は、このiPhone4に挿すマイクロSIMの入手と、台湾の携帯キャリアとの手続きについて書きたいと思います。

Comment(1)

コメント

こんにちは。
日本のソフトバンクのiPhone4を
友達がジェイルブレークを試してみたんですけど
使えません。
4Sならできるという現地の情報も仕入れたのですが
詳しくご存じではないでしょうか。


台湾在沖でして
5がでてから、安くなる4Sを買うか、
htcを買うか迷っています。

何かアドバイスがあればお願いします。

コメントを投稿する