千里の彼方からアナタに会いに行きます!この縁を大切にします。

上海万博に行こう!その2 ~ 国際ローミング

»

上海万博のリハーサルが大混乱!といろんなサイトで話題になっていますね。やっぱり開幕当初は不安ですね。ゴールデン・ウィークは避けて6月以降に行くほうがいいんじゃないでしょうか。1か月すれば運営スタッフも慣れているでしょうし。

テレビなどではお決まりの割り込みが問題と取り上げていましたが、ロープで仕切ってあるだけじゃ、中国の方々の感覚では割り込みされてもしょうがないです。悪いことだとしているのは日本の感覚なので、文化の違いなので、もうどうしようもないです。

さて、今回は携帯電話の国際ローミングの話題です。3月末に久しぶりに中国に行ったんですが、最初に気になったのが携帯のローミングです。日本の携帯を中国に持ち込んで、日本からの電話を受けたり、逆に日本にかけたり、メールの送受信をするにはどうすればいいのか、あらかじめ調べておきました。

まずは、自分の携帯がそれぞれのキャリアの国際ローミングサービスの対応機種なのか、サービスに加入しているのかどうかを確認しましょう。

■各携帯キャリアの国際ローミングサービス
キャリアサービス名
ドコモ WORLD WING
au グローバルパスポートCDMA
ソフトバンク 世界対応ケータイ

直前になってからではなく、なるべく早く確認しておくほうがいいですよ!

1.PINコードの設定

まずは「PINコード」を設定しておきましょう。万が一携帯をなくして、誰かに勝手に使われ、高額な請求が来たら大変です。各社のページに設定方法が掲載されていますので、空港などで設定を行いましょう。

2.基本はパケット通信をしない!

海外でのパケット通信はパケット固定料金の適用外なので下手をすると「パケ死」になります。携帯キャリア各社ともここは変わりません。なので、基本iモードやフルブラウザなどの機能は使わないようにします。

3.メールを「手動受信」に!

ここがポイントですね。普段は「自動受信」になっているのを、メール設定などで「手動受信」に変更しておきます。

メール受信設定

これは僕が使っているソフトバンクの922SHの設定画面です。これを見ると、受信設定が海外とわかれていますね。でも一応、日本の設定も手動受信にしておきます。ドコモでは「選択受信」とか、機種によっても表現が違うかも知れません。

驚いたのはこの手動受信にしていてもメールのタイトルと概要の短い内容がリアルタイムに受信できていたことです。これだと日本に居る時とほとんど感覚的に変わらないので非常に便利でした。この概要の受信は止める設定がないので、これにも課金されているんじゃないか?と内心ビクビクしていましたが、後述するように大丈夫でした。

メールの送信は? 従量制なのでなるべく短くしましょう(笑) 最低課金とかもありますから。僕は返事はあとでまとめてPCメールで返すようにしていました。

4.日本国内から電話をかける

日本国内から中国に行っている人のソフトバンク携帯に電話をかける場合、国際ローミングなら、電話番号は日本に居た時と同じです。(ローミングだから当たり前ですが)だから、こちらが海外にいるとは知らずに普通にかけてきた場合は、高い電話料金が相手にかかります。国内でソフトバンク携帯同士だと、ホワイトの無料時間以外は30秒21円ですが、中国へは30秒99円です。さらに電話を受ける側に着信料が1回145円もかかります。初めてローミングを使う人は気をつけましょう!着信表示は問題なく表示されますので受けるべきかどうか考えて受けることになるでしょう。

5.日本に電話をかける

日本に電話をかける場合は、以前は例えば「090-1234-XXXX」にダイヤルするときは、アクセス番号「00」、国番号(日本)「81」そのあとに頭の0をとって「90-1234-XXX」と面倒な入力が必要でした。

今では、ソフトバンク携帯の場合、電話帳でかけたい相手の番号を表示させて、メニューから「国際発信」を選択し、国番号で「日本」を選択するだけで済んだので、とても楽になったという印象でした。

6.iPhoneはどうする?

iPhoneの場合、音声については上記、世界対応ケータイと同じ。データ通信が大変なことになるので、基本、Wifi利用としてデータローミングを「OFF」にするのが正しいようです。

 ■操作方法(FAQ

 「設定」 → 「一般」 → 「ネットワーク」 → 「データローミング」 → 「OFF」

 ※「データローミング」を「OFF」にしても、音声通話・SMSは利用できます。

それでも、日本に帰ってきてから、使用料金が心配になってソフトバンク・ショップに行って調べてもらいました(笑) ショップ店頭ではわからず 157 に電話するのが正しいようです。調べたら海外で使った音声通話料が950円、メールが600円でしたのでホッとしました(笑)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する