沖縄の自然と歴史とIT事情をナイチャーの目でレポート

マーク X後部座席に水霊?

»

めんそ〜れ!

私の身に起こった、「本当にあった怖いん話」をご報告します。

沖縄には色々と霊にまつわる話があります。

弊社が立地しております地域にもそう言う話があり、体調不良を訴える社員も出てきたので、ユタにお願いして除霊を行っていただきました。

つつがなく除霊は終わり、その際にユタから「会社に近々大きな進展がある。」とお告げをいただきましたが、その後、字幕電話の厚生労働省の受託など、良いことが続いているので、おかげかなとおもっております。

ところが、その後、愛車のマークXに異変が起こりました。

なぜか、後部座席のフロアーマットが、ぐっしょりとずぶ濡れになっているのを発見したのです。

最初は、台風の大雨と嵐があったので、隙間からでも水が入ったのに気がつかなかったのかと思い、マットを乾かしたり、ぞうきんで 水を吸い取ったりして乾かせたので、それで終わりと思ったのですが、また数日すると水が浮いてきています。まだ、奥の方に水が溜まっていたんだろうと、また新聞で吸い出したりしておきました。

ところが、また次の日にも、水が溜まっております。

また、吸い出し、新聞紙を引いておくのですが、翌日にはまたぐっしょりと濡れております。

これは流石に変だと言うことで、除霊の後、私の車に水の霊が住み着いたのではないかと思い、今度は、車の除霊をしてもらおうかとも思っていました。

その時は、海外からお客様が来られており、に私ともう1人で毎日送り迎えをしておりましたが、外人もとても不思議がっておりました。

流石に、変だと思い、一緒に行動していた方が、ネットで調べてくれました。

すると、出てくる出てくる、世の中には同じような怖い経験をしている人がかなりいました。

で、結論は、エアコンの排水のパイプが詰まっていて、室内に逆流しているケースが、ピッタリと当てはまると言うことでした。

早速ディラーに持って行ったのですが、見ていただいた結果、やはり、エアコンのパイプのつまりでした。

「なんだ、霊じゃなかったのか」と思い、安心もしましたが、ディーラーから「乾かすのに数日かかります。其の間お預かりします。其の間、洗車機で洗車しても良いですか?」とのことなので、「どうぞ」といって預けて帰りました。

会社に戻ってしばらくしたら、ディーラーから電話がありました。

「洗車機にかけたら、車のバンパーがめくれ上がってしまいました。浮いていたわけではないので、原因がわかりません。こちらの責任ですので、新しいのと取り替えます。ただ部品がないので2週間ぐらいかかります。」 

とのこと、やっぱり霊?のしわざ?

「前のバンパーですか?後ろですか?」

「後ろです。」

残念!前のバンパーは傷がいっていたのに。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する