沖縄の自然と歴史とIT事情をナイチャーの目でレポート

社会貢献3.0の時代 ~遠隔情報保障でも米国のスケールは違う~

»

めんそ~れ!

国際連合広報センターの5月8日付プレスリリースに、

災害・緊急時の障害者支援 ~情報通信(ICT)の活用が鍵となる~

というのがでております。

4月20日から3日間、東京で開催された国連専門家会議「ICTと障害-アクセスと共生社会、すべての人のための開発へ」でカナダからの参加者の発表に、同時字幕通訳がつきました。

なんと、米国コロラド州にある遠隔要約筆記会社からの配信でした。

日本で話された音声がインターネットを通じ、米国に送信され、米国の要約筆記者が文字入力し、ブラウザーへ表示したものです。

スケールが違いますね。

米国ではこういう会社がボランティアではなく企業としてしっかり認知されているのがすごいですね。

弊社の目指す会社です。

Comment(1)

コメント

tamanaha

一瀬先生、お久しぶりですお元気ですか?
他の先生方も元気にやっておられますか?
基金訓練基礎演習科でお世話になりました、玉那覇です。
アイセックの基金訓練卒業して約2年立ち皆それぞれの道
を、進んでいます、その間皆会うこともなく過ごしてきましたが、今月16日土曜日に連絡取れ集まれるメンバーで
飲み会兼ねた親睦会を行います。
そこで一瀬先生や他の先生にも参加して頂きたくメールを
送りました、突然のメールに困惑なされているとおもいますが?どうぞ宜しくお願い致します。
時間と場所は改めてご連絡差し上げます。

コメントを投稿する