沖縄の自然と歴史とIT事情をナイチャーの目でレポート

沖縄の失業率8%越え ~沖縄の雇用促進 その6~

»

めんそ~れ!

沖縄県の9月の完全失業率が発表されました。前年同月比、および前月比とも0.3%悪化し、8%と、今年の4月以来の8%台となりました。

一方有効求人倍率は、0.33倍と前月比0.02ポイント上昇したが、相変わらず3人に1人分の求職しかないという状況が続いております。

就業者61万9000人にたいして、完全失業者は5万4000人と前月比3000人の増加です。

新規求人数は5435人で、2ヶ月ぶりの増加で、コールセンターなどの情報通信業162%増、金融・保険業117.9%増、生活関連サービス・娯楽業68.1%、教育・学習支援業56.2%など。減少したのは、建設業4.6%減、運輸・郵便業2.9%減など。

また、8月の平均月給もはっぴょうされました。こちらは、24万5555円で、前年同月比4.6%減少。一般労働者30万2407円(総労働時間167.5時間)に対し、パートタイム労働者は9万8006円(同113.9時間)と労働時間と比較してパート労働者の賃金が極端に低い。(以上、沖縄タイムス10月30日の記事から引用。)

県内経済は上方修正されたとも出ていますが、円高の影響がこの後出てきそうで予断を許せないようです。

相変わらず厳しい状況が続いています。訓練生も就職口を探して、何度も面接を受けているものもいます。

ITのスキルを身につけても経験者優遇ということで、なかなか就職に結びつかない現実がありますが、頑張ってほしいものです。

わたしが、よく社員にいっている言葉が、「やったことがないから、できないというな!だれでも初めてのときは、やったことがないんだ。」

チャレンジしてほしいものです。

Comment(2)

コメント

坊や春道

県内経済は上方修正されたと某県内紙に出ていたとありますが! この表現の仕方は聞き飽きています。ほんの一部の産業、企業だけであって、全体でみれば全然です。木を見て森を見てないだけの話しにか過ぎないような気がします。現状はかなり厳しい!いやもっとかも知れません!
県内の景気が良かった。記憶がないのです。

Fufuhu

県内の景気が悪いなら、まだ良い方で仕事を探してみるというのが小市民としての基本だと思うのですが…特に若い人ならなおさら。
けど、これを言うと「地方を見捨てるのか!!」って言われ、だからと言って「地元で仕事が見つからない」って若者が言うと「積極性が足りない!!外向きになれ!!」と言われるんですよねぇ…どっちにどう転んでもボロクソに言われますから。

ちなみに私自身は地元を見捨てる予定の口です。地方?見捨てます。自分の命の方が大事ですから。

コメントを投稿する