オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

モレスキン Evernote 調べてみた

»

前回の続きです。

Evernoteコラボバージョンのモレスキンが、いったい何故画像のトリミングをしてくれるか調べてみました。

コピーをとってみた

こんな感じで等倍コピーをとってみました。
白黒コピー
私のへたくそな写真ですと本物っぽく見えますが、A4にコピーして周囲を切り取ったものです。
その上に落書きをしてみました。

Evernoteアプリケーションで写真を撮る様子はこんな感じです。
Evernoteで撮影中(白黒)

パシャッとしましたが、トリミングされず単純に写真が取り込まれただけになりました・・・
取り込んだドキュメント(白黒)

ちゃんと手帳自体を撮影してとりこめば周囲の余計な画像は削られてトリミングされ、形も長方形になるように補正されるのです。
前回の検証から、罫線のパターンだと思ったのですが違うようです。

そうなると残りは罫線のパターン+色しか考えられません!

カラーコピーでやってみた

さて、ということでインクジェットですがカラーコピーで同じような手帳もどきを作ってみました。

カラーコピー

Evernoteアプリケーションのファインダーではこんな感じです。Evernoteアプリケーション(カラー) 

パシャ!
IMG 1559
ちゃんとトリミングされました!

どうやら罫線のパターンと色で普通の写真として取り込むか、トリミングしてドキュメントとして取り込むかを判断しているようです。
全く無駄な実験でしたが、すっきりしました。

 

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する