中小企業の開発者は会社で何をしているのか

Pocket 連携は「メッセージ」が便利

»

最近ReadKitを購入したのですが、「あとで読む」サービスのInstapaperと連携する場合有料なので、(Instapaper API利用のために費用がかかる)
Pocketを使ってみました。

この手のサービスは、出来ることはどこも同じだと思い、ほとんど好みの世界だと思っています。
Instapaperのシンプルな画面は気に入っていましたが、
Instapaper
Pocketのタイル表示も悪くありません。Pocket

とは言え、ReadKitで使うのであまり関係ありませんが・・・
ちなみにReadKitは、キー操作がviエディタライクで、なかなか快適にサイト巡りができるので、結構気に入っています。

さて、問題はInstapaperには対応しているけど、Pocketに対応していないiPhoneアプリケーションやそもそも「あとで読む」サービスに対応していないアプリケーションです。

だいたい、こういうクラウドサービスはメールで記録したいことを送れば良いようになっていますが、
いちいちメールで送るのも面倒です。

ということで、メッセージ(MMS)から送ってみたところ、結構快適でした。
送信先毎にまとまりますし、Subjectの入力とかしなくても良いので楽ですね。

IMG 0583

しばらくこれで運用してみます。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する