Webマーケティング専門会社・株式会社ミスターフュージョン代表取締役 石嶋洋平の、経営者として仕事が楽しくなるためにしている事を日々綴ります。

マイナスの波動

»
電車にのっているとたまに「むっ?」と思うことがあります。

それは、会社や社長の愚痴ばかりを口にする集団です。


「うちの会社は○○だから、ダメなんだ」

「社長は○○だ。だから良くならない」

など・・・


特にこういったことを、幹部クラスの社員が言っていたらどうでしょう。

私なら、いわゆる「ダメ幹部」のレッテルを貼ってしまいます。


もちろん、愚痴を言われるような組織であることは、経営者として反省すべきかもしれません。

教育や人事制度、あるいは会社全体の成長については、会社に責任があります。


しかし、そもそもその会社を選んだのは、誰なのか。

新卒であれ中途であれ、あるいはアルバイトであっても、数多くある企業の中で選んだのは、自分自身です。

結局のところ、その会社を選んだ自分がダメなんだ・・・と言っているのと、同じことだと分かっているのでしょうか。


会社は、自社の力になる存在として採用を行い、社員は採用されるにあたり、会社の成長に向けて最大限の努力を行う責任があります。

全て会社や社長のせいだと言い放つのは、結局のところ責任放棄だと思うのです。

これは何も私が社長をしているからではなく、社会人として考えていることです。


そして幹部の愚痴を聞いた部下は、その影響を受けていく。

会社をマイナスにしか見なくなり、いつしかそういう風土が社内に蔓延してしまいます。

すると最終的には、自分達の手で会社をどんどん悪い方向へと誘ってしまうのです。


不満は、些細な事からでも生まれてしまうでしょう。

愚痴をこぼしたい、その気持ちは分からないこともありません。

しかし会社に属する者、とくに幹部として牽引している身であれば尚更、言動・行動には責任の所在を良く考えてほしいと思います。

誰もが主体となって、もし会社に悪いところがあるなら、改善しようとする。

不満があるなら、どうぞ社長に直談判してきてほしい。
そして納得させてほしい。すぐに決断して会社を良くしていく。

私は、そんなフラットな組織を作り上げていきたいと思います。


求人を始めました。詳しくは

株式会社ミスターフュージョン求人ページへ
http://www.mrfusion.co.jp/
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する