Webマーケティング専門会社・株式会社ミスターフュージョン代表取締役 石嶋洋平の、経営者として仕事が楽しくなるためにしている事を日々綴ります。

プライド

»
いつも、見ていただき感謝します。


多くの人とコミュニケーションを取る中で、よく「もったいないな」と感じることがあります。

それは、変に高いプライドを持った人と、お話をしたときです。


私の中で、プライドとは成長における障壁であるという考えがあります。

プライドがあることで、本来成長の場であるハズの事象を、自ら回避してしまっているとさえ思います。

このことは、全ての人に言えることはないでしょうか。


プライドが高いということは、言い換えれば「素直じゃない」とも受け取れます。

例えば何か自分の行ったことに対して、ダメ出しをされたとしましょう。

そこで素直に「そうですね、分かりました」と言えるかどうか。

単に言葉を発するのではなく、自分の中で真摯に受け止める気持ちが大切です。


プライドの高い人は、そうはいきません。

その場で反論を繰り広げたり、あるいはその場は「はい」と言っておきながら、実は聞く耳を持ってすらいない。

それでは、外から何かを吸収することなどできるハズがありません。


知らないことを、教えてもらう。

足りなかったことについて、指摘を受ける。

これこそが成長の機会であり、素直に聞き入れられなければ、学びも改善もないでしょう。


完璧な人間なんて、私はありえないと思います。

少なくとも社会は進歩していくのですから、「知らないこと」はどんどん増えていきます。

プライドを捨て、外に対して素直な気持ちを持てたとき、人はどこまでも成長していけるのではないでしょうか。


こう聞くと、「私って、確かにプライド高いかも」と、心当たりのある方もいらっしゃるでしょう。

では、どうすればプライドを捨てられるのか。

私はとにかくチャレンジして、失敗して、恥をかけば良いと思っています。

なぜなら恥をかいたときにこそ、完璧ではない自分を意識することができますし、プライドが顔を覗かせるからです。

そこで自分にプライドがあることを意識して、「素直に」心をコントロールすること。

そうすれば、きっとこれまで以上のスピードで成長していけるでしょう。


少なくとも私は、プライドなんて持ちません。

全てのことに学びがあり、素晴らしい成長の機会に巡り会えているのだと思っています。

そうすると、なんだか毎日が素晴らしく感じます。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する