IT業界のコメントマニアが始めるブログ。いつまで続くのか?

プラモデル化するレゴ

»

Fortune 誌に「Toy of the century(20世紀のおもちゃ)」と賞されたレゴは、万人に愛される玩具として知られています。バリエーションも多く、根強い人気を保ち続けていると思っていたのですが、wikipedia の記録にもあるとおり、このところのレゴ社は大幅な赤字を抱えているのだそうです。

レゴの魅力は、なんといっても自由な発想で色々なものが組み立てられること。セットに入っている組み立て図面は、作り方の一例にすぎません。まさにクリエイティブなおもちゃです。これはプログラミングにも似ています。さまざまな命令を組み合わせて、新たなソフトウェアを作り出すのは楽しいものです。実際、.NET Framework においては配置やセキュリティの最小単位を「アセンブリ(組立部品)」と呼びますし、現在エンタープライズライブラリとしてまとめられている機能やサービスは「アプリケーションブロック」という汎用ライブラリとして提供されたのがはじまりです。

ところが、1年ほど前に読んだ「LEGO Mindstorms NXT の前途は明るいか?」というエントリによると、ほとんどの人はセットに入っている図面のとおりに組み立てて喜ぶだけなのだそうです。これは思い当たるところがありました。以前から、色々なシリーズものはありましたが、汎用的に使えるものが多かったのに対して、このところは BIONICLE のような独自キャラクタ、あるいはスターウォーズやスポンジボブなど人気キャラクタを使ったものなどが、かなり増えているように見えます。

要するに図面どおり組み立てる受身の遊び方しかしていない人が増えており、レゴ社もそれに呼応するような路線をたどってきているということのようです。まさにプラモデル化してきているわけですが、そうした市場はゲーム機に奪われ続けており、レゴ社が苦難の時代を迎えているのだそうです。私自身は、ゲームにもレゴにも(子供と遊ぶ、という以外の)時間を費やすことはなくなってきているのですが、クリエイティブな遊びが敬遠されつつあるのだとしたら、ちょっとさびしいですね(たんに劣化しないので、家庭内で飽和しているだけかもしれませんが^_^;)。

ちなみに、かなり前の米国旅行で、レゴの「コンパチもの」が売られているのを見て、その当時純正品にはなかった変わった色のものを買い集めました。それでわかったのですがコンパチものは品質がよくありません。たしかに安いのですが、ちょっとしたサイズのものを組み立てると狂いが出てきます。「製造誤差の許容範囲が0.002mm以内」というレゴの厳しい基準は伊達ではないと感じた次第です。

※永井さんの「プレミアム価格が付いているプラモデル」で書こうと思いついたのが、このエントリでした。

Comment(6)

コメント

エントリを読んで、どっかの時点で、キット中の、特殊部品≒汎用部品じゃない部品の割合がある閾値を超えてしまったのかもなあ、と思いました。
 何の変哲も無い四角いブロックなのに、積み上げて行くとあら不思議、こんな立派なのできちゃった、という体験が、キットを組み立てることから得られなくなってきているので、レゴの山を見ても「こんなのも作れるはずだ!」と思えなくなってきているような気がします。

mohno

コメントありがとうございます。
ブロックをプログラムになぞらえたのですが、同じ感覚がプログラミングの世界にあるのかもしれません。「もう、必要なものは作らなくてもそろっている」とでもいいますか。
実際には、ないものを作るというクリエイティブな発想から新たなビジネスが生まれたりしているんですけどね:-)

一昨年、米国本社に出張した際に、レクレーションタイムがあり、レゴでお題に出された物を作るというゲームがありました。
私のグループはオーストラリアのオペラハウスで、正直途方にくれました。あの特長的な屋根がとても作れなかったです。ビッグベンのチームは有利でしたね。

mohno

> オーストラリアのオペラハウス
そ、それは、これですか?^_^; → http://fkdk.net/au-wp/wp413.htm
多彩な部品が豊富にないと再現不能ですね:-)

himat

指定時間と使用数料はどのくらい?
数と時間の制約にも依るけれど、切り口の見つけ方次第では無茶なお題ではないと思うよ。
ここ数年は気力減退で楽隠居できる世代になるまで先送りしちゃったんですが、折り紙からソリッド、手捻り、工具作りまで趣味にしていた者としては、動機付けと気力さえあれば大抵の物は作ってみせる自信はあるんだけど、その一番肝心な物がガタガタで、結局出来合いの気に入った物に走ってしまうんですわ(^^ゞ。

今は出来合いで大抵の物が手に入るので、ものを作る感性の必要性が少なくなっているのが一番の原因ではないかと思います。
更に問題なのは、それを教えることが出来る人間は絶滅危惧種であること。
出来合い生活の中では、教えられなければ、物作りの感性を磨くのは無理がある。
 
そうそう、レゴに関して言えば、邪魔者扱いで居場所が無くなることを除けば、家庭内飽和は無いと思います。
むしろパーツ不足で挫折し、気力も無くして放棄してしまう方が多いのではないかと。
子供をターゲットにするより、老人市場に乗り出した方が先行きは明るい気がする。
金も暇も、多分スペースも十分に有る、無いのは・・・・・やめとこ(^^;。

mohno

「レクレーションタイム」というくらいですから、せいぜい1~2時間で青いバケツ、くらいじゃないでしょうか? レゴランドにあるような“大物”は1週間くらいかかることもあるようですが。まあ、“無茶”とは言いませんが、それらしい感じを出すにはセンスが要るでしょうね。

お年寄りとまでは言わなくても大人をターゲットにしたのが mindstorms あたりのシリーズだと思いますが、なかなか難しいのでしょうかね。「大人の科学」なんかは流行っているようなので、いけそうな気はするんですけど。プログラミングと違ってハングすることもないし:-)

ちなみに、うちはけっこう「飽和」状態です・・・が、スポンジボブが欲しいらしい^_^;

コメントを投稿する