とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

バンコクでのとある一日 その13 静かなNEWYEARな日

»

 バンコクの大晦日から新年に掛けてのイベントと言えば、カウントダウンに伴った、花火の打ち上げがあります。

 本来であれば、大体2016年12月31日23:30頃から始まって、2017年1月1日0:15頃まで、大手のホテルが打ち上げを競い合うのですが、今年はないですね。

 理由はもちろん、偉大なる王様の崩御にあります。

 長い長い喪が明けるのは、崩御から1年後とのことです。

 観光客としては、折角の催し物なわけで、その為に、いつもより高い費用でホテルを予約する訳です。

 私としては、喪が明けていないわけですから、当然だと思いますし、予想通りなのですが、個人で花火を上げる観光客とか居そうで、心配です。

 当局に告発されると、恰好なお仕置きがあるのが現実です。

 皆様、くれぐれも、現在タイは喪に服しているということをお忘れなく、あまりにも派手な格好の観光客が、入国審査で問題になる場面を目撃しておりますので、ご用心のほどを。

 最後に、あまり更新しておりませんが、何か新たな事があれば、書くようにしておりますので、今年もよろしくお願いいたします。

 今日はここまで、またいつかお会いしましょう!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する