とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

「番長と遊ぼう!」 ネ兄! オルタナブログ7周年

»

オルタナブログ7周年おめでとうございます。
宮沢が参加させてもらったのは、先達たちが基礎を築いた後なので楽チンでしたが、開設当初は、ご苦労が絶えなかったのではないかと推察します。
ということで「7」にちなんだ話をば。
7という数字西洋ではラッキーセブンとか言って良い数字と云う認識がありますが、日本でも7という数字は特別な意味があるようです。
七転び八起き
七福神
北斗七星
など七を特別な数字として考えているようです。
ではでは、タイ国ではどうかというと、確かに7(ジェップ)を特別な数としてみていますが、ほかにも8(ベー)、9(ガオ)が縁起の良い数字となります。
八は日本でも末広がりとして良い数字ですが、九は苦(9)しむに繋がりあまり良い数字ではないですね。
タイではもっとも良い数字はというと、9(ガオ)という事になります。
どうも「行く」「進む」に通じ、どんどん良い方向に向かう数字なのだとか、車のナンバープレート(タビアンロット)がずっと使えるタイ国では、9999の番号のタビアンロットが高値で取引されているようです。ただ、実際金持ちがずっと金持ちのタイ国では、なかなか手放さないようです。
とか書いていたら、どうも中国でも9を最も良い数字と考えているなんてことがネットで書かれていました。
まあ、宮沢的にもっとも七で印象深いのは、
黒澤明監督の「七人の侍」ですかね。
1954年公開の映画ですから、宮沢も生まれていません。
この映画を私は何回見たのかわからないぐらい見ました。
どこが良いかというと、すべてのシーンが美しいのですよ。構図というか、バランスが良い。
しかも、物語も最高で、役者さんの演技も最高と、映画として完璧なものです。
お金のない、野武士に襲われている農民を、7人の侍(実は1人は侍ではない)が助けるという物語で、アメリカで「荒野の7人」とか影響を与えられた映画が数多くあるのも納得です。

オルタナブログという、もろもろの外敵(野良ブロガー)に襲われている集落を、7人のブロガーが立ち上がり、オルタナブログを救う物語、最後に一人のブロガーがオルタナブログに残り、ブロガーの面倒を見るようになる、なんてお話はいかがですかね。
残った一人の元野良ブロガーがばんちょ~だったりして。
あ、石を投げないでください。

ということで、オルタナブログ7周年おめでとうございます。

今日はここまで、またいつかお会いしましょう!

Comment(5)

コメント

ああっmiyaさん、すいません。ネタがかぶってしまいました(笑)7人のブロガーいいですね。しかし、ばんちょ~はドロンジョ様なので、どちらかというと敵?。話し変わりますが先日、タイで映画を見てみましたが、私のタイ語理解力ではまだまださっぱりでした。。でも、日本より先行上映されるので早く安く映画を見たい人にはいいですね。効きすぎのクーラーに閉口しますが。。。

miyaさん

ヒロさん コメントありがとうございます。
いやかぶりました。タイに思考が偏る人間は、どうも同じ考えになる傾向にあるのかもしれません。
しかしよく考えると変ですよね。
私の場合、下手をするとアメリカよりタイの事を良く知っているみたいです。
こんな人あまりいないなぁ。英語しゃべれないのに、タイ語は話せたりしますしね。
よく、駐在員の人に何でタイ語しゃべれるの?何で英語しゃべれないの?
理由は簡単、タイ語はしゃべれないと困る。英語はしゃべれなくても困れない。ただこれだけですね。
タイでは英語よりタイ語が便利です。
香港によく仕事で言っていた頃は、片言の広東語をしゃべりましたからね。
アメリカで仕事するようになると、きっと英語がしゃべれるようになるのではないかと思います。
ヒロさんはどうですか、英語得意ですかね。
私は今でこそ英文は苦手ではありませんが(これも出来ないと困るからですね)、中一で英語は挫折した人間ですからね。
ヒロさんお互いにタイの知識に偏らないように努力しましょうね。

いえいえ、こちらこそすみませんでした。たしかにタイ好きさんの場合、共通の話題で意気投合することが多いでよすね。似たもの同士が集まるのかもしれません。
私は英語はまったくだめです。
タイ人とタイ語で話していると、僕の単語の発音が悪いせいで通じないときがあります。そうすると、タイ人が気を使って英語でフォローしてくれるんですが、英語の方がもっと分からないので申し訳ない気持ちになります(汗)
日本語を使えない環境を強いられると、その国の言葉を覚えやすくなるのでしょうか。馴染みのタイ料理屋があるんですが、前歯のないタイ人がいまして、そのタイ人のタイ語はすごく聞き取りにくいのですが、今日久しぶりに話をしたらいつもより聞き取れるようになっていました。少し聞き取りが進化した?ようで嬉しかったです。とはいえ、まだ赤子レベルです。虎穴に入らずんば、虎子を得ず、されど努力なしに虎子は得られず、と思います。

「七人の侍」いいですよね。

miyaさん

廣江さん コメントありがとうございます。
黒沢映画は名作ぞろいですが、七人の侍は、特別な気がします。良い仕事は、誰かがこだわりを持たないとダメですね。

コメントを投稿する