お客様や部下への接し方を、自分の大切な守るべき人(幼児や高齢者など)に置き換えて考えれば、サービスやリスク回避のためにできることは、まだまだあると思います。コンシェルジュ的発想で「おもてなし」を中心に、気づきを綴ります。

道路標識のように、その場で確認できる仕組みづくり

»

道路標識がそうであるように、
仕事の上でも『その場で確認できる仕組み』が必要だと思っています。

ある職場で、
「ここには常に5個を残しておくように、使ったら補充をしておいてくださいね」と、
新人スタッフが入るたびに口頭で説明をしていました。

ところが、たまに棚に目いっぱい入っているということが起きてしまいます。
でもスタッフの数が多くて、誰がやったのかはハッキリしません。

そこで、スタッフ用の回覧板にその件について注意を書きました。

しかし、それでもまた棚に目いっぱいの補充が繰り返し発生するので、
指導する立場の人は、
「回覧板にも書いたのに。間違える人は誰?」と頭を抱えていました・・・

1.口頭での説明の問題点

  • 指導者が、一部の人にだけ「5個」の部分を伝え漏れていた可能性
  • スタッフが「5個」の部分を聞き逃してしまう
  • スタッフが「5個」の部分を失念してしまう

2.回覧板の問題点

  • 読ませたことで満足し、スタッフの正しい行動にはつながっていない
  • スタッフは、読んだ後、すぐに忘れてしまう
  • 作業場所では確認できない

どうしたら、全員に正しい内容が伝わるのか。

簡単です。
作業場所の棚に、「補充は5個」と書いて貼りました。
これだけで解決です。

机で読む長い文章の通達や回覧よりも効果的な、
その場で確認できる単純な作業手順シート(デキールシート)
取り入れましょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する