お客様や部下への接し方を、自分の大切な守るべき人(幼児や高齢者など)に置き換えて考えれば、サービスやリスク回避のためにできることは、まだまだあると思います。コンシェルジュ的発想で「おもてなし」を中心に、気づきを綴ります。

工事中の「ミエールPOP」とは?

»

地元伊東の『松川藤の広場』で藤の花が見頃を迎えたと聞いて、さっそく見に行って来ました。
GWなので、観光案内も織り交ぜて書いてみます。

JR伊東駅から徒歩で10分、大川橋の上から対岸の松川藤の広場が見えます。
この松川は、市の中心部を流れていて、カモやコイが泳ぐ姿が見られます。
桜の季節には川沿いがピンクで彩られ、毎年5月には薪能、7月にはタライ乗り競争が行われています。

大川橋を渡ると、まずは『リエティ広場』があります。
ここには、友好都市であるイタリアのリエティ市からいただいた日本にはひとつしかないであろう、オリーブオイルの搾油用石臼が展示されていて、毎年7月に記念植樹されているオリーブとともに、かわいいお花たちも並んでいます。
リエティ市と友好都市になったのは、伊東のタライ乗りと、リエティのワイン樽乗りが似ていたことがキッカケです。

大川橋から藤の広場.jpgリエティ広場.jpg

藤の広場は、その名の通り広場をUの字に囲むように藤棚ができています。
私は、藤の花にこのような上品な香りがすることを、初めて知りました。

藤の広場.jpg藤の花.jpg

藤の花を見たあと、なぎさ公園まで松川沿いの遊歩道『渚の小路』を歩いていたら、工事中の看板に目が留まりました。

その看板には、

  • 何をしているのか ⇒ 護岸を直している
  • 現状がどうであって⇒ 壊れた巨石張り
  • 今後どうなるのか⇒  安全になる

について、図入りで示されていたので、とてもわかりやすく、
「これは素晴らしい!」と思いました。

工事中.jpg

松川.jpg




これはまさに、ミエールPOPです。
※『ミエールPOP』とは、お客様へのわかりやすい案内用掲示物のことを、私が名付けたものです。
私は、お客様へのわかりやすい案内【ミエールPOP】と、従業員の短期習得用マニュアル【デキールシート】によって、業務上のミスや問い合わせ負担の軽減のお手伝いを仕事にしています。

これまでの工事中の看板には主に、工事中・ご注意ください・ご迷惑をお掛けしております・ご協力をお願いいたします、と書かれているのが一般的でした。
でも、それを見た通行人には(新築工事は別として)
「この工事によって何が変わるの?この工事はなぜ必要なの?」という無意識レベルの疑問が残っていたはずなのです。

この看板は、その通行人(お客様)の疑問を解消してくれるものです。
これまで改修工事の看板に『何のために・どのように・どうなるのか』について情報掲示をして欲しいとまで考えたことはなかったので、今回この看板見て初めて、自分の潜在的な疑問点に気付かされ、「やられたー!」と思いました(笑)

視点を工事作業員側に変えて考えれば、通行人からたびたび聞かれるので、それを明示することで問い合わせへの対応の負担を軽減した、とも言えます。

自分の会社で、従業員から繰り返し聞かれることはありませんか?
お客様から同じ質問を受けていませんか?
それらに対して、その都度親切丁寧に答えるばかりが良い対応ではありません。

  • 不明な点がある。
  • 情報が見つけにくい。
  • 問い合わせをしなくてはならない。
  • 問い合わせで待たされる。

そのような潜在的な疑問や不満を見つけ出して、情報提供の仕方を改善してみましょう。あらかじめ明示することは、お客様・従業員双方の問い合わせにかかる負担を軽減することにもつながります。

中には「聞かれる・答える」もお客様とのコミュニケーションだ、という考え方もありますが、その場合は、待たせずに対応できる体制を整えることや、人に尋ねることが煩わしい・恥ずかしいと思う人への配慮も必要だと思います。

 
東海館.jpg渚公園.jpg


【伊東温泉おもてな師マイスターカタショの伊豆地域情報】

5月17~18日『伊東祐親まつり(薪能・奉納舞台・華舞台)』が開催されます。
そこで松川では現在、国内唯一の水上舞台(観客席も)の設置が進められています。
昭和初期の建築様式を残した東海館(市指定有形文化財)を背景に行われる薪能は
祐親まつりのメインであり、今年で16回目を迎えます。
揺れるかがり火に浮かび上がる水上舞台は、和楽器の音色とあいまって、観る者を一時幻想的で幽玄な世界へと誘ってくれることでしょう。

伊東松川水上特設能舞台(JR伊東線 伊東駅より徒歩10分)

◆第16回伊東温泉薪能
5月17日(土) 開場17:50 開演18:30
鑑賞券 S席 5,500円 A席 4,500円 B席 3,000円高校生以下 2,000円 全席自由席
狂言:棒縛(ぼうしばり)
シテ:野村萬斎(重要無形文化財総合指定保持者)
 能  :葵上(あおいのうえ)
シテ:本田光洋(重要無形文化財総合指定保持者)

◆奉納舞台
5月18日(日) 13:45開演
出演予定
市内神楽保存会・市内シャギリ保存会・市内鹿島踊保存会・伊東囃子保存会・
伊東ミュージカル劇団・市内よさこい踊り・唐獅子太鼓・外郎売り口上研究会・
その他友情出演
以上入場無料

◆華舞台
5月18日(日) 17:00開場 17:15開演
出演予定
伊東旧見番・奏舞連手習いの会・伊東市芸妓事業連合協同組合・伊東市子供お能教室・
伊東市文化協会(菜の花会、琴美会、貢声会)・伊東大田楽・伊東囃子保存会・
江戸歌舞伎舞踊研究の会・飛龍高校和太鼓部・その他友情出演
以上全席自由1,000円

お申し込み・お問い合わせ
NPO法人伊東市文化財史蹟保存会
0557-36-7726 (受付時間9:30-15:00)

◆伊東市文化財史蹟保存会 伊東祐親まつり
 Facebookページ:https://www.facebook.com/ItoSukechika?fref=ts 

◆伊東観光協会 東海館
 http://itospa.com/feature/tokaikan/ 

【おまけ】

◆恋するフォーチュンクッキー 伊東観光PR市民参画Ver.
 https://www.youtube.com/watch?v=pS50An-INXs
 私も『伊東温泉おもてな師マイスター』として踊ってます(笑)

◆恋するフォーチュンクッキー 伊東温泉ゆるキャラver.
 https://www.youtube.com/watch?v=ztd_x9YNlgc
 道の駅伊東マリンタウンのマリにゃん・あいら伊豆農協のだいらちゃん・
 伊豆シャボテン公園のカピーバ君・伊東競輪のミカリンによる、
 『伊東八景』のご案内。
 みんなのじゃんけんから始まります(笑)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する