シリコンバレーのサムライ・ウルフが、イノベーションについてつぶやきます。(時々吠えることもあります。)

フィンテックは、周辺領域から金融界を侵食していく

»

2016年の幕が開けた。今年のキーワードは何と言ってもFintech(フィンテック)だろう。FintechとはFinancial Technologiesの略で、IT技術の急激な進化により変革が起こる金融システムを言う。今までの金融のIT化は、主に金融業務の効率化が中心だった。

これからは、ITによるビジネスモデルそのものの変革の時代を迎える。もちろん、経済活動の根幹をなす金融の仕組みが金融機関ですぐに変化するとは考えにくいが、周辺領域はベンチャー企業がすでに果敢に取り組み始めている。Fintechで先行するアメリカのベンチャー企業の様子を見ると、1390社ほどのベンチャー企業に総額290億ドル(約3兆5000億円)の資金が投資されている。商業関係に200億ドル、IoT関係に100億ドル、AI分野に40億ドルのベンチャー投資額と比較してもその大きさがわかる。

現在は、圧倒的に融資と決済分野のベンチャーが多い。しかし、これからはそれ以外の分野が増えていく。パーソナル・ファイナンス、株式投資、中小企業用ツール、セキュリティ、クラウドファンディング、消費者間バンキング、などの周辺分野だ。

ソーシャルネットワーク、モバイル、クラウドシステムなどの急速な普及により、金融機関の助けを借りなくても自社のサービスの中に決済システムや顧客信用度管理システムが組み込まれるようになっていく。顧客情報の収集と分析が可能になることから、金融機関の事業を顧客から切り崩していく可能性がある。知らないうちに、決済システムや損害保険の大部分が奪われていた、というような事態もあり得るのだ。

自分の車を使い、空いた時間にリムジン、タクシーサービスの提供を可能にするUberはタクシー業界から猛反対され、今でも訴訟が進行している。それにも拘らず、そのサービスの素晴らしさで世界のタクシー業界をひっくり返す勢いだ。Uberのサービスの仕組みでは現金は使わず、支払いはスマートフォン経由で自動化されている。また、Uberが自分の車を使うサービス提供者(運転者)の自動車保険も提供するようになった。

 一方、Metromileというベンチャー企業は、それぞれの車の走行距離を自動的に情報収集することにより毎月保険料が変動する自動車保険を提供している。顧客の運転パターンをさらに詳細に分析できれば、さらに高度なサービスが提供できるようになるだろう。

 このMetromileとUber が提携した。Uberの運転者は自家用車を使うので、個人の自動車保険と業務上の自動車保険の両方が必要だが、Uberの情報を使えば業務用で使っている時間帯がわかり、それによりMetromileの技術で業務用と自家用の時間帯で違う保険を適用できるようになる。UberとMetromileによる自動車保険提供は、既存の損保業界にとっては死活問題だ。

 Airbnbは、自宅の空いた部屋や休暇で空いた日に宿泊者を泊めるサービスだが、サービス提供者や部屋の評判などの詳細な情報がAirbnbでは把握できる。日本でも中古住宅取引の透明性を上げる動きがあり、その背景には高齢化で増え続ける空き家の利用や中古住宅流通を促進したい、という事情がある。Airbnbが顧客情報を元に仲介や住宅ローンを提供することも不可能ではない。

 このように、顧客を最初に囲い込んだサービス提供者が金融システムを取り込み、既存の金融業の領域を侵食していくだろう。Fintechの黎明期である現在では、周辺の新しいビジネスモデルをまずは注目していく必要がある。金融機関はFintechの動向に俄然注目しだしたが、ベンチャー企業の生態には疎い。知らないうちに新興勢力に後ろから刺される危険もあり得るし、逆にうかつに新興企業に投資や買収をしてやけどをすることも心配だ。

 シリコンバレーの著名VC、マーク・アンドリーセンが言う"Software is eating the world" があらゆる産業分野で起きつつある。2016年は、金融機関にとって大きな転換期を迎える最初の一歩となるであろう。

"FinTech is eating the financial world."

(日経産業新聞に一部掲載 2016年1月5日)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する