ビジネスでもプライベートでも記憶に残る人と残らない人では、訪れるチャンスの数が大きく異なります。顧客獲得に悩む営業マンの予算未達の原因は“絶対的な見込顧客の不足”でした。このブログでは1回1回の出会いを大切にすることをテーマに”記憶に残る営業”についてお伝えします。

「そろそろ田舎に帰ろう」と思えるかが、地方の未来

»
地方と首都圏を往復していると、地方と都市部との格差が広がっていると強く感じます。私の会社は、岡山県の津山市(人口10万人規模の地方都市)に本社をおいています。大阪からは約200km、東京からは約700kmの距離にあります。

所在地.png

私は4年程前に東京から、地方に拠点を移しました。中心商店街のシャッター、駅前土地は空地、空ビルが目立ちます。

 

《夢を持たない経営者》

10万人規模の地方都市にある中小企業経営者の多くは、「景気の良かった時代の2代目、3代目」です。最近、話したある会社の2代目の言葉で印象に残った言葉です。

 「中途半端にもうけても税金が増えるだけ・・・。儲けないほうがよい。」

この会社(製造業)は、本業の製造工場はほぼ稼働しておらず、先代からの土地資産の賃貸で細々とやっておられるようです。こういった会社が増えていくと、おそらく今の子供達は、故郷にいることはできなくなるのではないかと思います。10万人規模の地方都市からは人の流出は止まりません。

田舎の人間は向上心が少ない。とよく言われますが、正確にいうと夢を持った人間が少ないのだと思います。たどり着きたいゴールがなければ、それに近づく動力も必要ないのでしょうか。結果的に、「昔は良かった」「政治が...」と外部環境に依存した思考停止に行き着きます。

  
《今地方に必要なこと》

今は、夢を持った人たちが、地方ほど必要になっているのです。私は、商談などで地方経営者を訪問した際に、必ず社長さんの夢を聞くようにしています。社長さんによっては、2時間も3時間も夢について話をしてくれます。(大体そういう社長は、創業者です。)そしてそのような経営者の周りには、楽しそうにはたらくスタッフ、共感するお客さんがたくさんいます。業績も伸びており、先日「良い人をたくさんリクルートしたい」と相談を受け、現在提案をさせて頂いています。地方の未来のために、今地方に必要なのは夢を持ったたくさんの人たちなのです。夢に向かい、進んでいくエネルギーが地方の未来そのものです。

10年後、20年後にたくさんの人が「そろそろ田舎に帰ってもいいかな」と思える地方をつくります。
Comment(1)

コメント

アルパカ

地方を再び活気付けるには、一度その衰退の元凶である首都圏が大災害等でぶっ潰される必要性があります。それは単に一過性のものに留まらせないためにも、その際に首都圏の人間には一切物財援助を行わず、その一方地方に戻りたがる若者には手厚い保障で迎え入れてあげれるだけの非情さと寛大さをもって立ち向かうべきだと心得る必要性があるかと思います。

コメントを投稿する