技術で勝って、商売で負けていませんか?

近づいてきた「伊勢志摩サミット」

»

ise-shima-summit02.jpg

今月の26日(木)27日(金)の伊勢志摩サミットが近づいてきました。

以前も筆者は、拙ブログでこのテーマを取り上げたことがありました。

「伊勢志摩サミット」開催年を迎えて思った事

もちろん進んでいるのでしょうが、警備は万全だろうか、とか我が国が先頭に立って世界に良い影響を与えることができるような論議を進めて有効な宣言を最終日に出すことができるのか、など心配や興味は尽きません。

い ずれにしても、政府や三重県を中心とした専門家に任せることしかできないのですが、1つ注文を付けるとしたら、何か1つだけでもいいので今後も他国での持ち回りで続くてあろう当該サミットへの新しい流れ、思想みたいなモノを発起できるような場となるよう、我が国主導で進めていって欲しいと思います。

サミットといえば当然、世界経済が主要なテーマの1つになるであろうことは想像に難くないのですが、経済以外の環境問題や人権問題などに踏み込んで欲しいと思うのです。

今回のサミット開催における、早くも大きな成果の1つになりそうなのが、米オバマ大統領が歴代同国大統領としては初めて広島の地に足を踏み入れることです。

同大統領にお願いしたいのは、平和記念公園だけではなくケリー国務長官のように平和記念資料館をぜひ訪れて欲しい。そして率直な感想を聞かせて欲しいと思っているのです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する