技術で勝って、商売で負けていませんか?

チャンスは必ず訪れる

»

evening-sun.jpgのサムネイル画像どうしても成功した人物、成功している人物を見ると彼らには実力があって、運もいいはずだから当然で、自分には同じことはできない、とあきらめがちです。

ところが、その差は意外とちょっとしたことだったりしますので、今回は考え方をご紹介したいと思います。

やはり実績を残した成功者のおはなしの方が説得力がありますので、当該人物を選びました。

丹下健三氏。
世界でも名の通った名建築家であり、国内外での実績には目を見張るものがあります。

そんな同氏が発した言葉には説得力があると思います。
「人にはすべてチャンスはめぐってくる。神様は、誰にでも同じ回数を平等に与えてくれる。それを決して、逃さないようにしなければならない。」

「そのためには、チャンスをつかめるように努力し、自分を磨いておかなければならない。私は、その訓練をしていただけなんだ。」

結局において、丹下氏が伝えたかったのはこういうことだと思うのです。
いつ突然訪れるかもしれないチャンスが急にやって来てもいいように、事前に準備をしておく。
これに尽きると思うのです。

聞けば当たり前のことかもしれません。
それでも当たり前のことを、当たり前のようにやれている人は私も含めて少ないのだと思ったのです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する