技術で勝って、商売で負けていませんか?

成功のための方程式にはどんな要素が来るのでしょうか?

»

sunrise.jpgのサムネイル画像世の中には成功本が星の数ほど存在していて、ビジネスパーソンにとっても本屋で見かけると、つい手に取ってみたくなるのではないでしょうか。

ただ、すべての本を読むことはほとんど不可能であり、何か1冊を選ぶとしたら自分の選択眼で見つけるしか方法がないのも事実です。

そこで今回は、仕事の成功のための方程式をご紹介します。
シンプルだからこその良さがあるのです。

日本航空をV字回復させた稲盛和夫氏が提唱していた方程式です。

仕事の成功=「考え方」×「熱意」×「能力」

という式で表すことができると言っています。

なるほど、わかったようなわからないような気がしますが、この方程式にはどんな意味があるのでしょうか?

実は、一番彼が伝えたかったのは、これらの重要な3要素の中でも、「考え方」が一番大切なことだと言う事です。
なぜなら、他の2要素(熱意、能力)には0〜数字が入るのに対して、「考え方」だけはマイナス〜プラスまで数字の幅が広がるからです。

つまり、いくら熱意や能力があっても、「考え方」がひどく間違っていてマイナスに振れているような状態では、とても成功はできないからです。

だからこそ、ビジネスの成功のために必要な正しい「考え方」を身につけないといけない、という論理です。

かといって、同時に熱意や能力の数字も高くしていかないといけないことはもちろんの事です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する