技術で勝って、商売で負けていませんか?

ドメインの再定義について孫社長の言葉

»

idea03.jpgどの業界業種に所属している(今やそういった垣根も意味をなさなくなってきましたが・・)企業も、自らの存続のためには以前、常に新規ビジネスを生み出し続けていかないといけない、と書いたことがあります。

もう1つ並んで重要な要素が、「事業ドメインの再定義」です。

これについては、ソフトバンクの孫正義氏が次のように述べていますので、ご紹介したいと思います。

「(競争力を取り戻すために経営者に必要なこととは)経営者の最も重要な仕事はドメイン(事業領域)を常に再定義することだ。日本企業は"本業"という言葉が好きだが、市場が縮小するのに既存事業にしがみつく理由は何か。企業理念を軸に次の戦略を描くのが経営者の役割だ。」

読んでみると、経営者にとってはしごく当たり前のことのように聞こえますが、実はなかなかできないことが書いてあります。

なぜなら、伝統的な企業であればあるほど旧来から携わってきた祖業とも呼ぶべき事業が存在していて、携わる多くの従業員もいるはずです。

当該事業の環境が悪化してきたからと言って、すぐに手離すことができるのか、といった問題が共通して実在しているのです。

ところが、ここの判断で経営者がどういう決断をするのか?によって、その後の企業を取り巻く経営状況は大きく変わっていくことになるのです。

参考にしてみてください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する