技術で勝って、商売で負けていませんか?

スズキの社員と話したこと

»

suzuki.jpg先日、たまたまスズキ(自動車)に伺う用事がありましたので、雑談ついでにマスコミに登場していたトヨタとの事業提携について少し意見交換しました。

担当者が話すには、トヨタとの関係はまだ正式決定ではないのではっきり言いませんでしたが、内心はまんざらでも無いような感じでした。

スズキからすれば、大型車やエコカーを作る技術をトヨタから学び、トヨタからすればスズキから特にインド市場をターゲットにした場合の、現地マルチスズキがあれだけの大成功を収めている訳ですから、小型車を作る技術を学びたい、といった具合でしょうか。

こうしたことを勘案すると、お互いに理想のカップルという気がして文句のつけようが無いと思ったのです。

ただ唯一の懸案事項とすれば、毎回年末になると国内の軽自動車市場でのトップ争いで数百〜数千台の差で1位の座を交互に獲得してきた永遠のライバルであるダイハツの存在でしょうか。

こちらも報道されていましたが、トヨタがダイハツを子会社化する計画があるからです。

スズキとダイハツというライバル同士が、トヨタを間に挟んでそれこそ今後は兄弟喧嘩を始めることになるのでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する