技術で勝って、商売で負けていませんか?

ビジネスは競争

»

drone.jpgごく当たり前のタイトルを付けました。
ただ誰もが認識しているであろう、この当たり前の意味を再認識するきっかけが最近ありましたので、書きたいと思います。

筆者の知り合いのWeb系・IT系のとある企業のWebサイトを見てびっくりしたことがあったのです。

昨年12月10日から導入されたばかりの「改正航空法」を受けて、さっそく本格的なドローンビジネスにいち早く参入していたのです。

実は弊社もドローンビジネスには興味を持っていて、昨年の12月どころか、もっと以前から動いていたのですが、まだビジネスとしての形にできていませんでした。

ところがこの知り合いの会社では、以下のようなビジネス展開をすでにスタートしていました。

  • ドローン本体機器の導入および操縦教育
  • ドローンに関する基礎知識を教えるセミナー開催
  • ドローンビジネスへの参入に関するコンサル支援、アドバイス

といった具合です。

この中でも特に、1つ目と2つ目の教育系については、まだまだ指導者が国内に足りなくて、弊社のホームグランドである中部地方においては首都圏に比べても特にその傾向が顕著なことが問題となっています。

以上のような問題は逆にビジネスチャンスでもある訳ですが、こうしたドローンビジネス環境の中でも逞しく当該事業を立ち上げる企業があることは、取りも直さずビジネスには競争という熾烈な側面があることをあらためて知るきっかけにもなったのでした。

弊社もうかうかしてられない、といった気持ちです。



Comment(0)

コメント

コメントを投稿する