基本ポジティブな視点で、テクノロジーのこと、マーケティングのこと、その他いろいろ勝手にレポートしていきます。

ずっと恋焦がれてたKindle発売、でも私が3週間躊躇したわけ

»

本が好きな私。そして、「紙の感触が好き」というこだわりも全く無かった私にとって、2007年にAmazonがKindleを発売した時には非常に興奮しました。「ディスプレイをずっと見るなんて目が疲れる」なんて意見もありましたが、実はKindle発売より前に「E Ink」という会社と紙に近い電子ペーパーについて(たまたま)知っていたため、これはすごいイノベーションだ!と思ったのです。

私がKindleに惹かれたのは、好きなだけ本を読んでも全く場所を取らないこと。
それから、読みたい本をどこにいても瞬時に手に入れることができること。
この2つは、私にとって確実にバリューの高いものでした。

2009年頃から、日本版がいよいよ出るか?という噂が出回る度に一喜一憂してましたが、思えば、2009年頃が、私のKindleへの渇望が最も強かった時だと思います。

時は流れ・・・・

いよいよ待ちに待ったKindle日本版が発表されたのが、昨年の10月の下旬のことでした。もちろん事前にメールでお知らせしてもらう予約をしていたのですが、いざ発表されたのが、「Kindle Paperwhite」、「Kindle Paperwhite 3G」、そして「Kindle Fire」と「Kindle Fire HD」という4種類。

さて本題に戻って、なぜ、あれほど待ちに待ったKindle発売から私は3週間も迷ってしまったのか。
アメリカにいる友達からは、「あの値段なら迷う必要なく即買いでしょ?」と言われたにもかかわらず。

1つ目。まず、タブレットが欲しいかどうかで悩みました。
Kindle Fireの方がいいかしら?と。iPhoneヘビーユーザーの私ですが、iPadなどのタブレットは持っていなかったので、「この機会にタブレットを持ってみるか」という気持ちになったのです。
それならHDか?いや、別にHDはいらないだろうか。。。。いや、待てよ。そもそもタブレット使いたいなら、iPad miniの方がベターじゃないか?
iPad miniにして、Kindleリーダーのアプリで本を読めばいいじゃん。

いや、そもそも私、タブレット欲しいんだっけ?これまで、横目でいいなと思いながらもiPad購入に踏み切らなったのは、結局iPhoneかノートPCかで用事が全て済むからじゃなかったんだっけ。iPhoneにだってKindleリーダー入ってるし、それで十分じゃないか?

と、ぐるぐる回って、Kindleの購入で悩んでいたはずが、Apple Storeも散々覗いて、結局やっぱりタブレットは今の私に必要ない、という結論に至ったのでした。これで約1週間半経過。

2つ目。期待していたよりはメリットが少なかったこと。
まずは何と言っても品ぞろえ。これは最初だから仕方がないと思うのですが、本屋で平積みのベストセラーをすぐ読みたい私にとっては、「あれもない」「これもない」といった状況で、もうちょっと待った方がいいかも、と思いました。次に価格。電子書籍に、単行本も文庫本もないのですが、リアル書店で単行本で売ってる本はやっぱり単行本価格。電子版だと、あの厚いハードカバーがないせいでちょっと割高に感じてしまいます。それから洋書。これは随分ネットでも話題になっていましたが、私も、分かっていながらも、やっぱりちょっとがっかりしてしまった一人です。

ここでまた1週間半が経過。

結局、最後には、Kindle Paperwhiteを購入。(正確には夫に買ってもらいました)
やっぱり7980円と価格が安いことと、ガジェット好きの心が動いたこと、そして、これを機に英語の勉強もできるかもしれないな、と思ったことが理由です。

ここまで2カ月余り使ってみての感想はまた別途書きたいと思いますが、今のところは「買って良かった」と思っています。

Comment(4)

コメント

Kindleを使うようになるとコミックや動画を見ることが意外に多くて、Kindle Fire HDにしておいたのは自分にとって正解でした。コミックは7インチではちょっと小さく、8.9インチのFire HDが気になっています。

Mamiko

テクネコさん。そうですね。コミックや雑誌などを見る方はFireがいいですよね。これからFireを買う人にとっては、7インチか8.9インチか、というのは悩むところですね。見やすさかMobilityか。

Kindle を発売日に店頭で見せて貰ったのですが触らせて貰えず購入を躊躇していましたが、この記事を拝見してPaperwhite に決めました。(3月)1日に注文して3日に入手。WiFi 接続にはルーターのSSID とKEYを調べておかなければならないのですね(それも知らなかった)。これひとつで何冊も持って行かなくて良いのは本当に有難いことです。青空文庫のようにパソコンで読めるものもあり(古くは)新潮社のCO-Rom 収納の文庫本などありましたが、携帯リーダーで読めるようになってずっと便利です。しかし便利なもの(3年前に買ったiPhone と順序を逆にすべきでした)も 品揃えが100万冊にならないと誰でも使うことにはならないと思います。

Mamiko

maharaoさん。コメントありがとうございます!Paperwhite購入されたのですね。ま、iPhoneやiPadに比べてデバイス自体の値段は安いですし、これからどんどん品ぞろえが増えてくことを思えば、本を良く読む人にとっては良い買い物だったのではないかと思います。私もまだKindleのフルポテンシャルを活かせていないのかもしれませんが、毎日持ち歩くbuddyにはなっています。また、素人の感想ではありますが、使用感を改めてブログに書きたいと思います。

コメントを投稿する