小さく地味に、でもかっこよく、少しずつ大きな相手を動かしていきましょう。最初はちょっかいでも、いつかそのうち戦略パートナーの座をめざす、真流マーケティングです。

ラジオの復活だ

»

我々世代にとって、ラジオ放送の深夜番組ほど郷愁を感じることはない。

「あのねのね」の深夜放送は当時小学生の私にとって、はるかかなたの大人の世界だったし、みんなラジオが友達だった。

いわゆるラジオという専用ハードを娯楽のためだけに使っている人は少なく、私たちの周りではBGM以外のラジオ放送を聞く機会が激減してしまった。

ところが、インターネット回線に活路があったようだ。

「IPサイマルラジオ協議会」がテスト的に行っている、インターネットラジオが意外にも受けているという。

アメリカでは、インターネットラジオ局としてPandoraが有名で、すでに5000万人以上
登録ユーザーがいるらしく、今後はスマートフォンユーザーにも広がりを見せるといわれている。

日本の場合は、地上放送をそのままインターネットで流しているために、独自の広告を販売してはいないが、アメリカでは、すでにインターネットラジオとしての広告も売買されており(すでに数百億円規模になっているという)、新たなメディアとして、また再生されたメディアとして注目を集めている。

3DやCGグラフィックスなど、エンターテイメントの方向として、テクニカルなものの発展ばかりが注目を集めているが、人の持つ想像力や論理思考力が活かされ、鍛えられ、「思い」を共有していくメディア(機会やプロセス)がもっとあってもいいし、とても大切なことだと思う。

昔からある、ラジオショッピングが証明するように、ものが売れるのは理屈ではない。売り手と買い手の信頼関係による。

さ、テレビを消して、ラジオを聴こう。

Comment(4)

コメント

この間はありがとうございました。

うちの局も10月からサイマル放送を始めるべく、準備中です。
理由はいろいろあるのですが・・・

radikoの登場で面白い現象が起きています。
それはAMラジオの復活。
ネット上ではAM局の音質が圧倒的に良くなりますから。
広域のFM局は厳しい時代に突入すると思います。

僕もラジオをよく聴きます。とくにオールナイトニッポン(ANN)が好きです。
ANNの歴史は長いと聞いております。あのライブドアのニッポン放送買収騒動の際、ニッポン放送社長だった亀渕氏も、かつてはパーソナリティだったらしいですね。歴史を感じます。

僕はナイナイ世代です。ナイナイのANNは十数年続いていますので、スゴイなあと思いながら聞いていました。最近は早寝早起きをしているため聴くことはありませんが、懐かしい想い出がたくさんある番組です。

こちらこそありがとうございました。
サイマル放送の準備ですか。
これまた忙しくなりそうですね。

AMラジオの復活ですか。
確かに、IPラジオならAMもFMも関係ないですしね。

本当の意味でのコンテンツ勝負ですね。

あんざい様

コメントありがとうございました。
オールナイトニッポンいいですよね。
(とはいえ、よく聴いたのは30年以上も前の放送ですが・・・)

タモリと松山千春が、「ちーさま、たーさま」なんて呼び合ってたなんて信じられませんよね。

コメントを投稿する