あるいはファシリテーションが得意なコンサルタントによるノウハウとか失敗とか教訓とか

15分以上話を聞いて質問を一つもしないのなら、あなたは大きな問題を抱えているんじゃないかという話、あるいは行動のために理解すること

»
誰かの話を聞く機会は多い。
会議とかトレーニングとか朝礼とか新しい業務の説明会とか。まあ、何にせよ、それを聞きながら何の疑問も浮かばないのって、おかしいと思ったほうがいい。
 
というか、ほとんどの場合は「まじめに聞いていない」というだけの話だ。人の話を聞いて質問が浮かばないなら、自分がまじめに聞いていない証拠と考えたほうがいい。
 
話している誰かは、自分とは違う脳みそを持っている。当然、僕が知らない事を知っているし、同じ事を違って捉えていたりする。
 
その人が言っている事を真面目に聞くということは、
・具体的なことに変換して聞く
・身近なことや自分のことに引き寄せて聞く
・吟味しながら聞く
みたいなことを、一言一言、ずーっとやり続けるということだ。
 
社長が朝礼で「現場に行くとビジネスの匂いがする」と言ったのなら、「それって細かい改善案を拾ってくるということか?」「社長だから意味がある話なのか?自分でも現場でビジネスのタネを見つけられるものか?」などと考える。
 
開発会議で「ユーザーは口を揃えて、この機能があったほうがいいと言っています」と主張するのを聞いたなら、「そこでいうユーザーって誰のことだろう?僕が知っているAさんやBさんは不要!と切って捨てそうだな」などと考える。
 
違う言葉で言えば、「誰かがしゃべっている内容と自分の頭の中身(知識や経験や思い込み)を照らし合わせ、差分をチェックし続ける」と言ってもいい。
 
 
なぜそういうチェックが必要なのか?
「今聞いている事を、自分の脳みそのどの棚に入れればいいのか?」を判断するためだ。自分の脳みその棚にうまく収まれば、いざという時に取り出しやすい。
そういうチェックをせずに聞いていても、これまでの知識と無関係の情報に過ぎないから、脳みその棚にはうまく入らない。だから耳から耳にスルーする。
せっかく良い話をしてくれても行動に反映されない。説明されたことを土台に仕事ができない。会議で建設的な意見も言えない。
 
 
さて。
チェックしながら聞いていると、当然不整合というか、理解出来ない(脳みその棚にうまく収まらない)話もたくさん出てくる。
それは、しゃべっている人に質問することでしか解消できない。
 
話の前提がずれているのかもしれない。自分に知識がなくて理解できないのかもしれない。自分とは違った価値観を持った人なのかもしれない。
いずれにせよ、質問しなければ解消できない。
 
まとまった話を聞いて質問が浮かばないのであれば、たぶん真剣に話を聞いていないだけ、と書いたのはそういうことだ。もっとまじめに話を聞こうよ。
もし、まじめに聞く価値がないなら退席しよう。
 
 
 
僕は他の人よりも質問が多い方だと思うが、稀に、質問があまり思いつかない時がある。それは、自分では考えたことがなかったテーマについて聞いた時だ。
チェック対象が自分の脳みそにないから、「そういうものか」と受け入れるしかない。しかも素人にも分かりやすい説明をよどみなくされると、疑問も浮かばない。例えば池谷裕二さんという脳学者の本を読んでいるとそういう感じになる。
まあでも、日常生活、特に仕事ではめったにないよね。
 
 
逆の立場では、セミナーなり勉強会なり業務説明会なりで一生懸命話をして、質問が全く出ないと、本当にがっかりする。そして落ち込む。
自分の話が難しすぎて理解してもらえなかったか、つまらなすぎて聞く価値がないと思われてしまったか。どちらにせよ、「真剣に話を聞く」というモードにリードできなかった訳だから。
 
 
この記事をここまで読んでくれた人が、内容について疑問を持ってくれたらいいな、と思います。
 
 
 
 
======================================
★プロジェクトをファシリテーションする方法のセミナーやります
「これが無償とは思えない!」
「ケンブリッジはこんなノウハウを公開していいんですか?」
と、過去のアンケート用紙ではこんな声をいただいています。
ほとんどの方が3回シリーズをまとめて参加されています。
過去に参加された方からの紹介でお越しいただくケースも増えてきました。
以前は毎回テーマとスピーカーを変えてやっていたのですが、このシリーズの評判が非常にいいので、最近はこのセットを何度も繰り返す形に落ち着いていますね。
水曜日の夜なので昼間に比べて学習意欲が高い方が多く、話す方も気合はいります。
4月に開催した時は早々に満員/募集停止になってしまったので、申し込みはお早めに。
ちなみに、白川は6/26の「プロジェクト・プランニング」担当です。
-----------------------------------------------
Cambridge Seminar 2013 東京 のお知らせ
「成功するITプロジェクト ~プランニングから導入までのノウハウ教えます!~」
上流から下流にいたるITプロジェクトのステップに合わせて、プロジェクト成功のノウハウについて3回に分けてお話いたします。
■日時:
6月26日(水) 19:00~21:00 プロジェクト・プランニング
7月10日(水) 19:00~21:00 スコープ
7月24日(水) 19:00~20:30 プロジェクト・ファシリテーション
■会場:
ベルサール八重洲 ※地下鉄日本橋駅・JR東京駅
■申し込み:
http://www.ctp.co.jp/events/index.html
Comment(4)

コメント

ardbeg32

世の中には真面目に聞いていても「Aの話は真面目に聞いたし理解したが、それがBという懸案に関連付けて疑問を浮かべる」ということに至らない人が沢山いるみたいです。
なんで差分チェックできないの?と伺うと、別々の棚に整理しなければならないというデフォルトロジックのようなんですが・・・
それって差分チェックじゃないじゃん!
差分チェックロジック自体がないから、「これこれこうでこうだけど、質問はない?」と聞いても当然質問はありませんとなるわけで、「んじゃあ別のこれこれはどう思う?」と聞いてもポカーンと口を開ける始末。
差分チェックロジックが無いこと自体を疑問に感じていないみたいなんで、さあてこの部下どもはどうしたものかと呻吟の日々です。

ardbeg32さん、こんにちは。
コメントを「あるある」と思いながら拝読しました。
そうなんです。「チェックしながら聞こうね。そうしないと行動できないでしょ」と記事に書いているのですが、その習慣がない人を、どうしたら習慣が持てるのか?ということは何も書けていません。
仮説としては、一方通行の説明が良くないので、随時意見を交わしながら話すことで改善できるとは思うのですが・・

ardbeg32

随時意見を交わしたとしても、どうしてもAとBという類似項がある2つの案件を結びつけて疑問点を発生させることができないロジック構造なようなのです。
別な問題は別なのだから、似た問題ではない。仮に似た問題だとしても、AにはAの、BにはBの個別事情があるから同一には扱えないetcetc・・・・
じゃあAとBには類似項はないの?「あります」じゃあ似た問題があるんじゃないの?「そうかもしれないけど、自分には全く思いつかない」orz orz orz・・・・
りんごが好きだという人は、みかんも好きかもしれないという発想がどうやらできないようなのですね。ある意味超素直なのかもしれませんが。
職員マスタの入力制限に問題があっても、商品マスタの入力制限の見直しをしなければ、という発想ができない素晴らしさ。
今のところ数十時間をかけてこの問題に取り組んでいますが、全く処置なしの現状に徒労感いっぱいです。

山畑健康

2点ほど感想があります。

1つは、質問に対してのリアクションに好意的なものと悪いものがあり、少なくとも私の人生では後者が圧倒的多数だということです。
誰かが何か質問をすれば「お前は私に文句があるのか」「周りの迷惑になっているのが分からないのか」「推測して汲み取る努力をしろ!」
そこまで直接的でなくとも眉をひそめたり、笑ったり(笑う人は本当に多いです、悪気は無いのかもしれませんが)。

結果、質問することは、自分の無知や無理解を恥じ、相手の時間と手間を取らせることに恐縮し、また相手のプライドや自信を損ねかねないストレスフルな行為となります。
その高いハードルを越えてまで質問に至るのは、それに見合った価値のある内容だけですよね、というお話。
 
 
2つ目は質問するタイミングの事。
通常、15分もお話を聞けば、それを理解して内容を把握するのには相応の時間がかかります(慣れや訓練でどうこうのお話ではないです)。

>・具体的なことに変換する
>・身近なことや自分のことに引き寄せる
>・吟味する
これらは思考のタスクを占有する必要があります。これらを話の最中に行うのはむしろ真面目に話を聞いていない証拠とさえ思えます。

結果として、疑問が湧いた時には話し相手は、とっくに別の話題に移行しているか既に居なくなっています。
相手の話を遮ってまで質問するか。また既に目の前に居ない相手に対して電話やメールで聞くほどのことか、またそれが許される間柄か。
TPOが試されるところだと思います。

コメントを投稿する