世界を変える何かは、既に近くにあるかもしれない

はじめのインターネット

»

最近、週に1回英会話のレッスンを受けています。形式としては今流行りののスカイプ英会話なのですが、毎回出される宿題をやって授業に出ないといけないため、それなりに時間がかかります(一向に上達しませんが)。

たまたまレッスンで取り上げられた教材が、インターネット創成期のリーダーの一人でThinking Machines社の共同設立者でもあるDanny HillisのTEDトークでした。

Danny Hillis: The Internet could crash. We need a Plan B

全体の内容もとても面白いのですが 、このトークの中で彼は、自分が世界で3番目のcomドメインを取得したと言っています。それはいつのことだろう、最初のドメイン名は何だったのか、に興味を持ち、調べてみました。

Wikipediaに、最古のインターネットドメイン名のリストがあります(さすがWikipedia)。これを見ると、最初に登録されたcomドメインは、Lispマシンで名を馳せたSymbolics社のsymbolics.comだそうです。登録日は、1985年3月15日。30年近く前ですが、当時私は大学生だった計算で、それほど太古の昔だとも思えません :-) 次に続くのがパケット通信技術の基礎を築いたBBN Technologies (bbn.com, 同年4月24日)、そしてDannyが所属していたThinking Machines (think.com, 同年5月24日)が3番目のcomドメインです。さらに、mcc.com, dec.com, そして飛行機メーカだったNorthrop社 (northrop.com)が続きます。これらの企業が全て、買収されたり規模を縮小しているのは興味深いところです。ちなみに、主に大学組織のドメインであるeduについては、バークレイ、カーネギーメロン、パーデュー、UCLA, ライスの各大学が、1985年4月24日にドメイン名を取得しています。ちなみにcomドメインの第100位は、1987年に登録されています。

彼はまた、トークの中で、当時の世界中の電子メールアドレスが記載された本を手にしています。見たところ電話帳の半分くらいの薄さしかありません。


この20数年のうちに、ドメイン名や電子メールアドレスの数は、飛躍的に増加しました。その全容がもはやつかめなくなりつつあると共に、我々の生活はどんどん、インターネットへの依存度を深めています。ちなみにこのトークそのもののテーマは、インターネットを使わないプランBは存在するか、です。うーん、難しいですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する