英国ロンドン発のニュースなど

いちばん楽しいのは「革命前夜」なのだ

»

「ブロードバンド革命」において、いちばん楽しかったのは、やはり「革命前夜」だったんだな、と改めて思います。

ブロードバンドが普及すれば、あーなる、こーなる、とわくわくしたもんですが、実際のところ「革命」が実現するということは、一般化=大衆化する、つまり「お茶の間化」するということだったわけです。結局、ネットの世界はテレビの写し絵になってしまいました。

「学園祭」と同じで、「革命」なんてものは、実現してしまえば、退屈な日常が待っているわけでして、いちばんわくわくするのは、やはり、その「前夜」といえます。そしていま、そういう「革命前夜」気分が味わえるものとしては、「初音ミク」ムーブメントをあげてもいいかと思います。

そして、この初音ミクに対して、「TV番組がまともに取り上げない」とか、「画像検索で初音ミクが表示されない」というような、おぼろげな"敵"のようなものが浮かび上がってきています。その結果、いままで初音ミクにゆるく関わってきた方々が一致団結して「一丁やってやろうじゃねぇか」という気になっているんじゃないかと想像しています。

この状況は、初音ミクという一つのムーブメントを、いっそう盛り上げる方向に働くのではないかとわくわくしつつ、その行く末を見守っているところです。

Comment(0)