うつ病などの精神疾患に関して、世間ではまだまだ誤解が多く、また知られていないことが沢山あるように思います。そのことがうつの方を増やしている1つの原因になっているとも言えます。誰でも精神を患う可能性はあり、それは自殺にも至る恐い病気です。1人でも多くの方に理解して頂けるよう、医療・福祉・企業側のバランスよい視点を心がけて執筆していきます。

群馬講演~リワークからリライフ®へ~

»

こんにちは、リヴァの伊藤です。
先日、群馬で『うつ病を暮らしから見つめる講演会』で講演してきました。

IMG_0015.jpg

講演タイトルは、「リワークからリライフ®へ』

リワークとは、うつ病など気分障害の方が、
職場へ復帰する前もしくは、再就職する前に
病気が再発しないためのトレーニングをすることです。
具体的には、日中(リヴァであれば、9~17時まで開所)施設に通い、
疾病理解や自己分析、体力の向上、認知行動療法などの心理療法など、
様々なプログラムを通じてストレス対処などを学んでいきます。

プログラム構成.png

リヴァの実績でいえば、
サービス開始5年間で370名以上の方が社会へ復帰していきました。
そのうち、6か月後も継続して就労出来ていたのは、約85%です。

うつ病の再発率は6割とのデータもあり(出典:厚労省)
それを考えれば、復帰前にこうしたトレーニングをすることは
一定の効果はあるのではないでしょうか。

実績.png

では、リライフ®とは何か。
(※こういう単語があるわけではなく、リヴァで使っている造語です)

リヴァでは、うつ病など疾病がキッカケとなり
回復後の人生をより自分らしい(納得感がある)ものにしていけるような
支援を目指しております。

そのため復職や再就職することがゴールではなく、
あくまでそれは自分らしく生きていくための手段でしかないと考えております。
ですから、考え・行動・価値観、そして生き方を
見つめなおす機会にしてほしく、そのための仕掛けづくりを目指しております。
その結果、自分にあった考え方や生き方を見つけやすくなる。
より生きやすくなってほしいと。

地方においては、
東京よりもずっと復職支援のような施設が少ないのが現状です。

イベントをコーディネイトして頂いた群馬大の福田先生に、
リヴァの活動に共感頂き、勇気をもらえました。

うつからの社会復帰に関して、まだまだご存じない方も多く、
今後も社会へ発信していきながら、
地方へどう広げていくかを考えていきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

Comment(0)