知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

【オフトピ】初音ミク打ち込みテクニック(我流)(1)

»

先日、初音ミクをVSTi Realtimeで打ち込んでいると書きましたが、VSTi RealtimeでやるとのとRewireでやるのでは出音がぜんぜん違うということが判明しました。比較用に試しに打ち込んでみたのが以下の例です(いつも、こんな曲を作ってるわけではありません、あくまでもテスト用です)。比較のため、両方ともビブラート、ベンド、ポルタメントなしで、エフェクタもなしで、Normalize加工のみしてます。両方とも元のMIDIファイルは同じです。

VSTi Realtimeバージョン

Rewireバージョン

VSTi Realtimeバージョンだと、リズムが揺れますし、子音がクリアーでなくなります。声もどことなくロボットぽいです。VSTiは、Vocaloidエディタと同じエンジンを使ってるのかと思いましたがそうでもないのでしょうか?それとも、VSTi Realtimeだとマシンパワーが足りないのでしょうか?(Q6600 (2.8GにOC)にメモリ4G積んでるんですけどね) Cubase LEではなく、Cubase 4にすれば(マルチコア対応になるので)ましになるのでしょうか?

VSTi RealtimeだとCubaseでループで再生しながら、MIDIデータを編集できるのですごく楽なんですよね(Vocaloidエディタでは再生中は編集できないですし)。ただ声質が違うだけならば、VSTi Realtimeで作り込んで最後にVocaloidエディタに持って行って、Rewireで同期でもよいのですが、発音のタイミングが全然変わってしまうのでそれもかないません。

結局、VSTi Realtimeはお遊び程度にしか使えないということでしょうかね?

こんな話は、趣味ブログに書けと言われてしまうかもしれませんが、私の趣味ブログは結構読者数が少ないので、こんなマニアックな話は誰も注目してくれないだろうと思いましたので(苦笑)。

Comment(6)

コメント

ちょっと気になった人

メモリ4GB活かせる環境にしてるのでしょうか?
XPやVistaの32Bit版だと3GB強しか活きてこないような・・。
でも、初音ミクが64bitWindowsで動くのかもしりませんが・・。

仮に3GBとしても、かなりのスペックであるのは
間違いないですねぇ

栗原潔

XP32bitなので3GB強しか認識してません。今はメモリが安いので、1GB×2+512MB×2にするよりも、1GB×4にしてしまいました。
DAW(Digital Audio Workstation)系のアプリケーションは64bitの対応はまだまだと思います。

GA-j

ReWireでもレンダリングしないと同じよな結果になりますよ。
ReWireで1音修正してはレンダリングなんてやってられないですけど。
ソフトの仕様だと思います。

栗原潔

レンダリングとはホスト側のシーケンサーでのレンダリングということでしょうか?
私の環境ではそれはしなくても大丈夫のようですけど。上記のRewireの例はレンダリングせずに、ミックスアウトを直接録音したものです。

GA-j

>レンダリング
ボーカロイド側です。トラックの合成のことですね。
ただ、再確認しようとしたのですが、再現しなくなってるんですよね。
もし、また再現するようでしたらコメントさせていただきます。
変な情報を出してしまい申し訳ないです。

スペック不足につき検証不可能

> 結局、VSTi Realtimeはお遊び程度にしか使えないということでしょうかね?

おそらくですが、「MONO / POLY」、「FADER / FIXED」、「DELAY」、「DECAY」 を各ノート毎に適切な値に設定することで、Rewire と同じ演奏になるのではないかと思います。
しかし、ヘルプを見る限り、「DELAY」 と 「DECAY」 を CC でコントロールする術が無いようなので、実質的に不可能なように思います。
よって、結論としては 「その通り」 と言わざるを得ません^^;
私の中では、お遊びというか、入力支援(ステップ入力やリアルタイム入力)用のツール(に過ぎない)というイメージですね。
Realtime はノートの入力のみに使用して、その後はスタンドアロンか Realtime でない VSTi で調整するのが正解だと思います。

コメントを投稿する