PR会社勤務2年目女子の視点で世の中の流行っている事、出会った人、起こった出来事など、ありとあらゆる事を素直に自分の言葉で書いていきます。ブログを書くのは初めてなので、ドキドキしますがどうぞよろしくおねがいします! 間違えていたら教えてくださーい!

2012年を振り返って。若さに贈る

»
2012年ももう終わりですねーってどこいってもその話になりますね 。
そう、もう営業日でいうと数日。更に気を引き締めていきたいものです。

今年も自分なりではありますが、ブログを更新しました。読んで下さって、毎回「いいね!」を押して広めて下さる方がたくさんいてくれてとても感謝しています。

大抵のビジネスブログというのは当たり前ですが、書きたい事を書くのではなく、多くの人の読みたいもの、興味関心のあるものをブログに書いて、知識を共有したり、誰かの役立つブログだからPVが増えるものだと思います。

その点、私はどうも「今、この話題を書きたい!」と思って時間に迫られながらテンションと勢いに任せてブログを書くので、自分の書きたい事を書いて読んでもらっているのは幸せですね。テンションを伝える為に、「誠ブログ」さんではあり得ないであろう、言葉遣いとハートや星などの機種依存文字を駆使して更新しています。もちろん、やめて欲しいと言われたらスパッとやめるつもりなのですが、心が広い「誠」さんなのでその辺を含めて見守ってくれているのであろうと勝手に解釈しています。自分で発信できる場を持たせて頂いている事に感謝しています。

コピー ~ ohana.jpg
同期や周りの人からブログを更新する時間があるなんてヒマなんだと思われてますが(笑)幸い楽しんでブログを継続できています。何かを始める事よりも「やります」って言ったことを続ける事のほうがはるかに大切だと思っていますし(正確には思うようになりました)、会社名と名前を出していながら自分の持っているコンテンツを更新しないのであれば、それは辞めた方が潔いですね。

それでは、2012年もブログでよく読まれた記事を振り返ってみたいと思います。

①女性向け新創刊メディアの記事

<2012年9月4日>

<2012年10月15日>

この2つの記事はとっても読まれました。今でも結構読まれています。今考えるとなんていう内容なんだ、と思いますが(笑)まぁ。その辺はおいておいても女性市場はとっても元気です。新たな女性像を開拓して、トレンドを創り出していて、本当に意欲的。先日も2013年4月に創刊する雑誌『DRESS』の表紙のイメージが公開されていましたが、ますます、女性向けメディア、プロジェクトに注目しています。


②みんな大好きキャラクターの記事

<2012年7月10日>

<2012年8月6日>


人気者にのっかった記事です(笑)そう、みんな好きな話題は私が書こうが誰が書こうが好きなのです。PVも好調でこの辺りの記事は連休になると検索から流入してPVが増えます。

③PR TIMESの記事

<2012年10月31日>

<2012年11月14日>


やっぱり1日の半分以上仕事をして、1週間の5日は仕事してるんですから私が働くPR TIMESの話がブログの記事になっちゃうのは自然な流れです。ビジネスブログという事で仕事の話は大歓迎、という事で色々書きました。常に新しい何か、チャレンジングな取り組みを行っている会社です。会社の記事、結構読まれます。最近はPR TIMES自体に興味を持って下さって、色々メッセージをくれる方も増えてブログ書いててよかったなーと思う日々でした。


④個人的に読まれて嬉しかった記事

<2012年9月28日>

今年最大のPVを出したのはこの記事でした。自分が良いと思ったものが、共感されるってこーゆー経験なのか、と初めて体感しました。高PVを狙って書いたわけではなくて、素直に感じた事を思ったまま書いたのが広まって嬉しかったです。誠 Biz IDさんでリライトして掲載された方が圧倒的に659いいね!とか付いて読まれましたけど(笑)あれ、おかしいな(笑)伝わればどっちでもいいですけど。やっぱり書き方変えるべきかな、って思ってます。

⑤今年の総括

会社単位の話で言えば、主力事業である「PR TIMES」(会社名とサービス名が一緒なんです)のリニューアルを行いました。これまでにない、意図と意思をもって新たな形で価値を見出してもらおうと行いました。また今年は新たな分野の為に新しいエンジニアの方が仲間として加わりました。そして来年も新たな分野の方が加わります。新規事業も初めて、肌でも感じるチャレンジングな体制です。

私も入社2年と半年。社会人としても3年を迎えます。まだまだ考え方が未熟だと痛感する事が多くて、まだまだ努力が足りていないので、精進すべく地道に理想とのギャップを埋めていこうと思います。最後の砦は自分であると覚悟を決めて過ごそうと思っています。

私の好きな本の中に「若さに贈る」という本があります。シンプルな話で何度も読み返しています。

人生最大に価値のあるもの
青春とは心の若さである。
信念と希望にあふれ、勇気にみちて
日に新たん活動をつづけるかぎり、
青春は永遠にその人のものである。

IMG_1427.JPG
これを読むたび、「そうだ、私は若かったんだ!!!!」とお腹に力を入れ直します。

そのうちとかいつかはなんて考えていても、その時期は向こうからやってきません。
自分から行くんです。
あっという間に老けこみます。
そして、やるからには結果に徹底的にこだわる2013年にします。

年内に数本ブログを更新する予定ですが、ひとまず2012年振り返りブログを更新しました。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する