テクノロジーのマーケティング、テクノロジーによるマーケティングが生み出すインパクト

米野 宏明

米野 宏明

マイクロソフト日本法人にて法人マーケティング部門を統括。

プロフィール

マイクロソフト日本法人にて法人マーケティング部門を統括。

直接金融時代の到来を予見し証券会社に入るもバブル崩壊以降一度たりとも回復の気配を感じぬまま挫折を味わい、IT ベンチャー企業へ転身。IPO を目指し金融機関向けの CRM や BI の提供でビジネスを拡大するも基幹製品の被買収に伴い当該ビジネスから離脱、やむを得ずマイクロソフトに入社。その後、経営者をターゲットとした営業部門の立ち上げ、Microsoft Office 製品グループでどちらかと言えばOfficeっぽくない製品のプロダクト マネージャーを歴任、技術マーケティング部門を率いたのち、2016年10月より現職。最初の転職からここまでずっと、常に新しい仕組み作りに奔走している気がしている。逆に言うと落ち着かない。

略歴

1993年 慶応義塾大学 商学部 卒。
1993-1995年 大和証券株式会社 新宿センタービル支店にて事業法人および個人を対象とした営業に従事。
1995-1999年 データベース・コミュニケーションズ株式会社(現 株式会社フュージョンパートナー)にて、営業、マーケティング、コンサルティングに従事。
1999-2005年 中堅企業を対象とした事業部門、経営者にアプローチするコンサルティング営業部門の立ち上げに参画。
2005-2014年 Microsoft Office 関連製品群の製品マーケティング部門にて、PerformancePoint Server 2007、SharePoint Server 2010/2013、Lync 2010、Yammer ビジネスの立ち上げと製品管理、製品マーケティングを担当。
2010年 早稲田大学商学学術院 経営管理修士 修了。
2013-2016年 デベロッパー エバンジェリズム統括本部マーケティング部をリード、技術イベント de:code を立ち上げる。
2016年よりセントラルマーケティング本部コマーシャルマーケティング部 ディレクター。

IPAデータベース スペシャリスト、日本CFO協会主任研究委員。