テクノロジーのマーケティング、テクノロジーによるマーケティングが生み出すインパクト

Redmond 生活:米国トイレットペーパー考

»

photo0000-2248.jpg

さて引き続き米国本社にてインターンシップ中の当方なのだが、今回はその、トイレットペーパー選びという、多くの人にとってはどうでもいい話なのである。

当方、こちらのトイレットペーパーの固さには、どうにも慣れることができない。その形状こそ、何百メートルもあろうかという巨大なロールから、日本と同じサイズのものまで多種多様なのだが、特にショッピングセンターなど公共の場のトイレのペーパーは一様に、習字の半紙みたいな感じのペラペラが多いのだ。日本でソフトな肌触りの2枚重ねペーパーと温水便座に慣れきった、部分的軟弱者な当方には、なかなかにつらい仕打ちである。なので出張の時は、念のため手荷物に 1 ロールぐらい忍ばせていたりもする。しかし今回はさすがに、数か月分ものトイレットペーパーを持っていくのは合理的ではないし、日本でも外のトイレのペーパーは比較的に薄め硬めなので、きっとこちらでも選んで買えば大丈夫だろうという希望的観測のもと、日本からの持ち込みナシで臨んだのである。

アパートに備え付けのものはアウト

当方の住まいは、短中期滞在用のアパートのため管理会社がまあまあ備品を補充してくれるのだが、そこにはトイレットペーパーも含まれている。ペラッペラではなくちゃんとエンボス加工が入った2枚重ねもので一瞬期待したのだが、しかし見事に裏切られ、全くもって当方の要求水準を満たしていない代物であった。手に取った全体感としては普通に柔らかいのだが、肌触りが紙ナプキン並みの粗さなのだ。指を滑らせるとガサガサ音がする時点で、これは使うまでもなくアウトなのである。到着したての、非常におなかの調子を崩しやすいこの状況において、また中期的な視点でも、まず避けておくべきアイテムだ。ということで、ひととおり他の備品も確認後、足りなさそうなものをメモってまずはスーパーへGO だ。その後、いくつか試してみたものも含めてここに感想を列挙しておく。当方と同じような、部分的軟弱者はご参考あれ。

Wholefoods Sustainably Soft

最初に行ったのが近所にあるオーガニック系高級スーパー「ホールフーズ ストア」。食料品も調達したかったので、まずはここなのだ。夜は約束があり時間がなかったので、その日の買い物はここで全部済ませることにする。ホールフーズには、"365" というプライベートブランドの食料品、日用品がある。ホールフーズにあっては比較的安いラインである。今回購入した Sustainably Soft はそのブランドのトイレットペーパーだ。

wf_bathtissue.jpg

365 の紙製品にはさらに 2 カテゴリーあって、1 つは再生紙利用のもの、もう 1 つはふつうのものである。ホールフーズに来るような、セレブでエコでオーガニックな奥様的には再生紙なのだろうが、さすがに再生紙はやめておこう。再生紙ではないふつうのほうも「サステイナブリー」ソフトなわけで、自然にも優しそうだ。4個入りで $3.99。ちょっと高いが、アメリカはなぜか紙製品が全般に高いので仕方ない。パッケージには "Embossed for Ultimate Softness"、つまり究極の柔らかさを出すエンボス加工とある。横書きには、ほかの多くのトイレットペーパーで行われている塩素漂白が環境に悪影響を与えている、うんぬん。うんうん、そうだよ。やっぱり自然は大切にしなきゃね。

しかし、だ。。。

教訓:トイレットペーパーのブランド名が "Soft" でも油断は禁物だ。なぜなら、ほとんどのペーパーのブランド名に "Soft" が入っているからである。

そもそもなぜ「エコ」と「オーガニック」を標榜するホールフーズで、しかもそれを色濃く反映するプライベートブランドに、やわらかいトイレットペーパーを期待するという愚行を犯したのか、この時の自分の浅はかさには驚きを禁じ得ない。到着したての時差ボケと、久しぶりの日用品の単騎購入で舞い上がり、当初のビジョンを完全に見失っていたようだ。だがしかしッ! パッケージの少々オーバーな物言いに騙された感はあるものの、先進国に住む我々は、多少の不便はエコの代償として受け入れなければならないのであるッ!

Angel Soft Classic White

まだホールフーズのやつがぜんぜん残っていたのだが、洗濯洗剤を買いに立ち寄ったドラッグストアにこれが売っていて、そのパッケージに魅入られて購入した。

angelsoft.png

6 個入りで $4.29。この同じブランドでいくつかのバリエーションがあり、棚もど真ん中のいい場所を占有している。これは売れ筋ブランドということだ。なにしろエンジェル ソフト、「天使の柔らかさ」である! パッケージ写真の赤ちゃんも、いかにも柔らかそうなタオルをふんわり頭にかぶっているではないか!! 天使のほほえみで、だ。こうはもう、ぜ~ったいに柔らかいのであるッ!!!

教訓:大原則を思い出せ! ブランド名に "Soft" が入っていても、決して信用してはならない。

またしてやられたー!! 日本だったら、こんなのもう、ほぼ詐欺なのである。何をもってこの会社のブランドマネージャーは、Angel Soft などという名前を付けたのだろう? しかも商標登録までしているではないか。完全に名前負けだ、というより神への冒涜ですらある。実にかわいらしい赤ちゃんの笑顔が、アゲられてから落とされた当方を嘲笑する、悪魔のドヤ顔のようにさえ見えてきたのである。むきーッ!

pod_coupon.png

おそらくアメリカ人は、柔らかさになど全く価値を置いていない。というか、鈍感なのだ。当方にとっては雲泥の差でも、ヤツらには大した差ではないのだろう。だからこんなモノに Soft を名乗っても、だれも文句は言わない。まあソフトなんじゃないの、so what ? hahaha ぐらいのもんだ。

余談だが、先のホールフーズでオリーブオイルを調達した。揚げ物用に普通のものがほしかったのだが、20 種類ぐらいあるオリーブオイルがすべて Extra Virgin だった。仕方なく Extra Virgin の中でも比較的安価で大容量なものを 1 つ購入したのだが・・・Extra Virgin のくせにぜんぜん生絞りの香りがしない。日本で買うふつうのやつと大して変わらないレベル。ここから、アメリカ人は肌触りの柔らかさと同様、オリーブオイルの搾りたての香りも区別できないことが推測される。本来 Extra Virgin オイルは用途が限定されるのだが、この地では、味や風味で区別できないがゆえに「一番いいやつ」ぐらいの、下品な扱い方なのだ。

そうだ!そうだった。高級なレストランに行っても、サラダには必ずでっかいペッパーミルを持ってきて自慢げにゴリゴリやり始め、こっちから「ストップ」って言わなきゃいけないような下品な国である。真冬なのに半袖短パンで外をうろうろしている、昭和の時代の小学生みたいな大人がごろごろいる国である。お尻も舌も、あらゆる表皮が分厚くて鈍感この上ないのだ。

Charmin Ultra Soft

今度はさすがに反省し、ネットで調べてから出動したのである。Good Housekeeping という日用品のレビューサイトにトイレットペーパー特集があったので、なんとなくスーパーにあったのを記憶していたこれに目星をつけておいた。テストした中では最もソフトなものの一つ、とある。いやもちろん、アメリカ人の五感の絶対値など、もはや 1 ビットたりともアテにはしていないのだが、さすがに「自分比」は正しいだろう。つまり、たとえ当方にとっての Level 1 と Level 100 が、ヤツらにとっての Level 1 と Level 2 であったとしても、そこにある序列に変わりはないはず、ということである。

Charmin-6-Mega-Roll-Ultra-Soft-4-size-3.jpg

Charmin Ultra Soft は 9 個入りで $10.99。一見高いのだが、これは「メガロール」というやつで、幅は普通だが径が大きい。最初のホールフーズのやつが 11.8㎡、こいつが 27.7㎡なので、幅が全く一緒だとして 2 倍以上の長さがある。そう考えると単価あたりはだいぶ安い。なお同じシリーズに "Ultra Strong" というラインもあるのだが、まさかのお尻に超ハードアタック、なわけではなく、水に強いとかの耐久性がハードなだけのようである。

教訓: 今の時代、行動する前に一度ネットで調べるぐらいは常識だ。

ウルトラソフト! まあ正直、日本基準でいうとこれでも「ふつう」の上ぐらいなのではあるのだが、常にこれを使うというなら十分以上だ。ずいぶん回り道したが、これでようやく、トイレの平和が守られた! なにかの塗り薬のお世話になるリスクは回避されたのだッ!!

日本の製紙技術はすばらしい

専門知識は全く持ち合わせていないので間違っているかもしれないが、硬さの好みや感受性の問題はともかくとして、アメリカのトイレットペーパーが硬いのは、たぶん製紙技術の問題ではなかろうかと推察している。

日本だと、ネピアに「〇〇セレブ」というちょっとお高めのシリーズがあるのだが、これのトイレットペーパー、とっても柔らかいかわりに紙の繊維くずが舞い散りやすい。袋から出すだけでも飛散するし、使っているとペーパーホルダーまわりがとても粉粉してくる。つまりここからは、ふんわりとした肌触りにするためには、できるだけ紙の繊維同士の絡みつきをなくして立体的に構成しなければならないのではないか、という仮説が成り立つ。その分おのずと繊維同士の接着性が落ちるわけで、結果、ちょっとした刺激で飛散しやすくなるというわけだ。

そして、実は Charmin にもややその傾向が見受けられた。日本では Charmin と同等の肌触りのものでもそのようなことが起きないことを合わせて考えると、日米の製紙業には技術力の差があるのではないかと思われるのである。この仮説の確からしさは、先のレビューサイトにおけるその Charmin へのコメントからも検証できる。Charmin のプロコンのコンのほう、つまりネガティブ要素として "Low weight per roll (meaning not a lot of TP for your money)" という評価があるのだが、同じ大きさ、厚さ (むしろ Charmin は厚いという評価あり) で軽いということは、繊維間の空間が大きいということに他ならない。そして、日本の「普通」のトイレットペーパーが、あの柔らかさと接着性の高さを両立しているのは、より高い技術力のなせるわざと言えるのである。ちなみに、ティッシュボックスも大と小を 1 つずつ購入しているのだが、小さい 365 のティッシュはやはりガッサガサ。一方、大きいクリネックスのティッシュはやたらしっとりしていい感じなのだが、こいつはローション入りだった。こちらでティッシュは用途が化粧室周りに限定されているので、ローション入りが多い。しっとりやわらかだからと言って、決して紙質がいいわけではないのである。

しかしそれはそれとして、だ。先のレビューコメントの () の中もまた、ずいぶんヒドい話だと思う。ふんわり仕上げているから軽いのに 「払ったお金に対してゲットできるトイレットペーパーの量が少ない」 のでマイナスなのだと言う。これぞまさに、アメリカ物質文明の極み、なのである。

@hirokome on Twitter

Comment(2)

コメント

BBS奥村

お世話になります。
毎年WPC2日目にはお尻が悲鳴を上げる奥村@BBSです。
大変興味深く&腹を抱えて読ませていただきましたm(__)m

米野

奥村さん、同僚からの情報によると「メリーズ トイレに流せる するりんキレイおしりふき」がいいらしいです。こちらのトイレは詰まりやすいので要注意ですが。

コメントを投稿する