プログラミングでメシが食えるか!?

25年ぶりくらいに一人暮らしをしていた場所へ

»

今日は妻とぶらり2人旅?

私は大学卒業後、2年間は実家から通勤していたのですが、

実家から自転車で4キロちょっとで東川口駅

武蔵野線

武蔵浦和駅

埼京線

新宿駅

徒歩15分くらいで会社

というルートで、当時の武蔵野線の終電付近の接続の悪さと埼京線の激混み(まだ新宿止まりだった)の中、サービス残業か飲み会でほとんど毎晩終電付近で疲れ果て、ある日突然一人暮らしをすることにしました。

IMG_7903.jpg

選んだ場所が田無でした。なんとなく西武新宿線は空いていそうな気がしたのと、当時お付き合いしていた妻がこの沿線だったということで、社員旅行の帰りに田無に寄り、その日のうちに不動産屋を回って、親に相談もせずにいきなり決めたのでした。

久しぶりに田無を夫婦でぶらぶらしてみようということで・・・。

ホームは私が住んでいた当時とほぼ同じですが、改札や駅ビルは全く変わっています。

IMG_7902.jpg

田無は北口側が当時から栄えていましたが、当時の面影はほとんどないほど変わってしまいました。

IMG_7901.jpg

高層マンソンも大きなショッピングビルもありませんでした。もちろん、こうなっているのは毎日通勤で通過しているので知っていましたが、駅の外をじっくり歩いたことは、田無で暮らした2年間の後にはなかった気がします。

IMG_7890.jpg

まずは妻が学生時代から好きだった喫茶店へ。このお店は当時の場所から移動していますが、ホットサンドなどのメニューはかなり当時のままで、コーヒーアラモードも当時のまま?

IMG_7918.jpg

さて、今度は南口へ。

IMG_7905.jpg

顔なじみだった八百屋さんはまだ営業しているのでしょうか?毎回野菜を買おうと順番を待っていると、後ろから次々おばさん達が大きな声で注文していくので、おばさん達が全員いなくなるまで私はぼけっと待っていて、八百屋のおじさんが「いつも悪いね〜」と言いながら、貝割れ大根をおまけでくれたものでした。風邪をひいたと言うと「ニンニクとニラがいいよ」と言われ、「ニンニクニラ卵とじ」を作って食べたものです。

IMG_7907.jpg

当時は携帯電話など普及していませんでしたので、アパートに電話が開通するまで、このコンビニの公衆電話で親に電話をして、「ちゃんとやってるから」と報告したものです。一人暮らしの間、実は一度もコンビニ弁当やカップラーメンは食べておらず、まじめに自炊していましたし、昼食も弁当を作って会社に持って行ったものです。

IMG_7915.jpg

私が一人暮らしをしていたアパートは当時のままでした。なつかしい・・・。この狭い庭?で巨大なタンスを自作したりしたものです。夏には雑草が生い茂り、2槽式洗濯機の前に出て洗濯物を移動することすらできなくなるほどになり、呆れた母が、私が仕事に出ている間にやってきて草むしりをしてくれたこともありました。1階で日当たりはほぼなく、洗濯物は雨が降っても干しっぱなし。ひどい暮らしでした。久しぶりに見ると・・・狭いですね〜。庭はこんなに狭かったかな?こんなに狭いところで良くタンスを作ったな。。今と身長は変わらないのですが、なぜかとても狭く感じました。

IMG_7917.jpg

当時の通勤路を思い出しながら田無駅に戻りました。

IMG_7921-2.jpg

少し北口側を歩いていると、当時と同じ場所にモスバーガーが。予定のない休日はひたすら寝ていて、起きると夕方で、お腹が空いてここのモスバーガーに食べに来たものです。

IMG_7945.jpg

せっかくなので、もう1件当時のままのお店に。こちらは場所も変わっていないと思います。当時と同じカレーライスをいただきました。

田無に住んでいたのは24歳から26歳だったと思いますが、初めて親元を離れて暮らした場所はやっぱり懐かしいものです。ちょうど前回書いたブログにあるように、その頃は残業手当もなく、ボーナスも出るかでないかという時期でした。お金に余裕は全くありませんでしたが、時間はたっぷりあった気がします。当時に戻りたいかと考えると・・・あまり戻りたくありませんが、特に不安だったわけでもなく、勢いだけで生きていた頃でした。今の私が当時の私にアドバイスをできるのであれば、話したいことはたくさんありますが、おそらく聞く耳を持たなかったでしょうね。。あれからいろいろな経験をして大人になったものです。

Comment(2)

コメント

えみ

しばらくぶりで覗いたらマア珍しいことを書いているので最後まで読んだ。懐かしいけどあなたもチョイっと年取った?元気そうで何より。正月明けて展覧会2回終わったら疲れた。風邪ひかないように。これからは医者。

コメントを投稿する