プログラミングでメシが食えるか!?

稼ぐことの大切さ

»

2017年も残りわずか。今日は自社の仕事納めです。苦手な大掃除というか片付けがまだ終わりませんが、すでに片付けは飽きてしまっているので、ブログでも・・・

昨日、会社のオーナーである会長と話しをした際に、「今年は年末に大きなトラブルもなく、落ち着いた状態で年越しができそうですね」と話したところ、「なにより、皆が良く稼いでくれたおかげだよ。お金がしっかり稼げていれば、仕事もうまく回るのだから」というようなお返事をもらいました。

稼げていないと経営が大変な状態になりますから、当然、メンバー達に対してもあれこれ細かい、しかも、急ぎの指示が増えます。雰囲気もギスギスしたものになりますし、仕事も目先ばかり追うようになりがちです。賞与も満足できず、先に向けた投資もしずらくなり、誰もがマイナスの気持ちになっていってしまいます。

順調に稼ぐことができていれば、心配なところにも十分な手当をする余裕ができますし、目先のことより将来のことを考えろと指示が出ます。先に向けた投資もできますし、賞与も良くなり、なにより会社内の雰囲気が明るくなります。しっかり稼げているかどうかの差はとてつもなく大きいのです。

今年は前にも少し紹介しましたが、ゴルフ練習場関連製品とIT関連製品がしっかりと利益を生み出しました。さらに、新製品もリリースし、パートナーさん達との連携の話しも広がり、「たまたま当たった」ではなく、「稼ぐべくして稼いだ」という状態にどんどん向かっている実感があります。もちろん、それなりに忙しい期間もありましたが、全体としては「あのときは大変だったね〜」と明るく振り返ることができるレベルですし、相変わらずほとんど残業をせずに仕事をこなせています。受託時代も残業は同業者の中でビックリするほどしない方でしたが、あの頃は私は半期ごとに胃を壊しそうなほど、仕事を確保することに疲れ果てていました。おいしい仕事がたくさん確保できた半期は落ち着くことができても、それが継続する保証は全くなかったからです。受託仕事は、私が若い頃は1仕事で数年というものもありましたが、どんどん短くなり、半期くらいで終わってしまうものばかりになっていました。隙間なく人数分以上の仕事を埋め続けるのは、技術者であった私にはとても大変なことでした。今はパートナーさん達と製品の開発販売計画をしっかり相談しながら進めていますので、我々は開発と技術サポートに集中し、販売はパートナーさんがしっかり対応してくれますし、この先どうするかという議論もしっかりできていますので、全く精神状態は異なります。得意分野がより深く広くなっていきますし、それに製品は人数に関係なく、売れれば売れるだけ稼ぐことができます。

もちろん、製品が軌道に乗るまでは、受託仕事などで稼いでいかないと会社が潰れてしまいます。受託仕事である程度余力がある状態のうちに製品開発販売を立ち上げることができたことが、今の状態になれた最大のポイントだったと考えています。

安定した経営は、まずは安定して十分に稼ぐことからです。調子が良いところには良い人が集まりますし、良いパートナーさんとの連携ができていきます。来年も奢ることなく、我々の道をしっかりと進んでいきたいと考えています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する