プログラミングでメシが食えるか!?

iPhoneX用コンバーターレンズの作例

»

先日、iPhoneX用コンバーターレンズを紹介しましたが、もう少しまともな作例を、と言いつつ、なかなかノンビリ写真を撮れていないのと、そもそも冬は花など色合いが豊富な被写体が少なくて・・・

ということで、作例と言うほどでもありませんが、もう少しだけマシな写真を載せておきます。画像加工アプリで加工してあるものもありますが、切り抜きはしていません。

IMG_6695.jpg

マクロコンバーター(x1の方)

マクロはピント合わせがとても大変です・・・

IMG_6740.jpg

マクロコンバーター(x1の方)

喫茶店のミルクピッチャーです。

IMG_6715.jpg

マクロコンバーター(x1の方)ティファニー店内の下の写真のボールの上の人形をアップで撮影したものです。

IMG_6709.jpg

IMG_6716.jpg

ワイドコンバージョンレンズ

樽型歪曲がありますが、こういう被写体ならあまり気になりませんね。

IMG_6714.jpg

フィッシュアイコンバージョンレンズ

フィッシュアイはセンターがズレているのが気になります。。

IMG_6647.jpg

テレコンバージョンレンズ

糸巻き型歪曲がありますが、こういう被写体ならそれほど気になりません。

ということで、手軽に使えるわりには意外と写りは良い感じです。クリップ式のコンバージョンレンズはあまりにも装着の際の調整が面倒でほとんど使いませんでしたし、コンバージョンレンズが着脱式のものもやっぱり面倒で持ち歩かなくなりそうですが、ケースに付いていてスライドするだけで使えるのは、いつでも気軽に使えるので、なかなか便利です。ついついあまり意味がない場面でも使いすぎてしまうのがイマイチなくらい!?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する