プログラミングでメシが食えるか!?

ProDNSのプレゼンを大阪で

»

大阪でEmail Security Conference (ESC) 2017が開催される前日に、ProDNSでご一緒しているTwoFiveさんがESC前夜祭のような感じでイベントを開催し、ProDNSの紹介もしようということで、リーダーのF君と一緒に参加してきました。

参加者は当然ESCに参加する皆さんで、登壇者も大勢です。

IMG_5511.jpg

ProDNSを紹介するF君

ProDNSのプレスリリースから1か月程度たち、訪問しての説明は何度か行いましたが、大勢の前でのプレゼンは今回が最初です。今までの説明の傾向では、F君はスーパーエンジニアなので、ついついアルゴリズムなど技術的に深い話しばかりになりすぎる感じでしたが、今回は短い時間ながらもとても分かりやすくDNSの課題や解決方法などを説明して、回を重ねるごとにどんどん上手くなっているのが私としてはなによりも嬉しいところでした。

ProDNSは主に回線事業者などで使ってもらうことをターゲットにしていますので、そう簡単に商談が決まるタイプの製品ではないのですが、すでに様々な運用現場からの声をいただき、少しでも安心してDNSの運用ができるように、プレスリリース後もどんどん改良を続けています。

完全に自社で開発したソフトウェアであり、機能や性能・品質はもちろんですが、開発者達がより現場に近いメリットを活かして、日本での運用の課題解決や、迅速なサポートなどで満足いただけるよう、メンバー一同活き活きと頑張っています。

さて、せっかくですので、ESCにも顔を出し、プレゼンを聞いてから戻りました。迷惑メール対策などの詳細な話しが聞けてとても勉強になりました。

ProDHCP同様、インターネットを支えるソフトウェアを提供することは私自身の大きなテーマの一つです。それに共感してくれたスーパーエンジニア達がせっかく集まってきてくれていますので、少しでも多くの人に知ってもらうことも私の重要な仕事の一つですね。プログラミングばかりしていないでもっともっと外に出ないと・・・

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する