プログラミングでメシが食えるか!?

久々のタイ出張:帰りのビジネスクラス

»

相変わらずブログ更新が滞っていますが、行きのことを書いたので、帰りのことも書いておきます。

行きはタイ航空(TG)でしたが、帰りはANAです。

1.jpg

スワンナブーム空港でももちろんラウンジは使えます。朝3時半起床でしたので、朝食を。

2.jpg

今回の出張では朝食なしのホテルプランでしたので、一度もカオトン(タイのお粥)を食べていなかったのですが、ようやく食べられました!パクチーもたっぷり入れて、最高です!!

だいぶ時間に余裕があったのですが、お腹の調子が悪くて2回トイレに行っているうちに登場時間に。。

3.jpg

ボーイング777です。うーん、、写真でもイマイチな感じでしたがやっぱりイマイチ。行きのTGのシートに比べるとあまりにもスペックダウンですねぇ。同じ料金とは思えないくらい。シートの機能がまず全く違いますし、ポーチなど付属品もかなり寂しい感じです。スリッパはANAの方が立派ですが。まあ、シート間隔は同じくらいで、シートのリクライニングの動きが控えめなので、窓側でもトイレに行きやすいのは良い点でしょうか。行きは空いていて隣はいませんでしたが、帰りのビジネスクラスは満席でした。

なお、ANAでは離着陸時にも電波を発しない電子機器を使えるようになりましたので(TGはダメでした)、離陸の様子を動画撮影してみました。

あっという間に雲の上ですねぇ・・・

4.jpg

モニターもTGより小さいです。その分、顔との距離は近いので見えにくいことはありませんけど。

5.jpg

でも、ANAの良い点はフライトアテンダントさんのレベル。自分の名前を名乗り、こちらの名前も呼んで「担当です」と挨拶を1人1人するのはTGとは大違い。全体的にとても気配りが細やかで良かったです。とりあえずウェルカムドリンクはシャンパンを飲みましたが、お腹の調子も悪く、そもそも体調もイマイチでしたので、お酒はこのシャンパンだけにして、後はお茶とコーヒーで。

6.jpg

食事は和食か洋食から選択で、残念ながらタイ料理はありません。和食はなかなかおいしい料理でした。この写真の他に麻婆ご飯がつきます。朝食ということもありますが、行きに比べるとやや寂しい感じでしょうか。

7.jpg

日本上空は雲ばかりでしたが、富士山だけは頭を出していました。

8.jpg

行きは強い向かい風で到着が1時間くらい遅れましたが、帰りは逆に1時間近く予定より早いくらい。

ということで、溜まっていたマイルによる人生初の往復ビジネスクラスの出張でしたが、感想としては、往復ともANAだったらビジネスクラスの感動は少なかったかもという気がします。やはりシートの立派さとポーチなどのプレゼントは嬉しいものです。料理とアテンダントさんは一長一短という印象でしたので、シートの差は大きいですね。ANAも便によっては立派なシートもありますが、もともと比較的近距離のタイ路線はあまり立派な機材が使われていませんので。

いずれにしても、ラウンジ、ゲートでの優先、シートの居心地など、トータルでかなり体の疲れはエコノミークラスとは違うと感じましたが、金額も大違いですので・・・(今回は溜まっていたマイルですが)。ちなみに、往復ともビジネスクラスは仕事っぽい乗客というよりは、レジャーっぽい人が多いイメージでした。TGではロイヤル・シルク・クラスと、ビジネスクラスとは呼んでませんが、実質的にはビジネスの人はエコノミークラスを使う人がほとんどでしょうね。立派な仕事をして、いつでもビジネスクラスに乗れるようになりたいものです!?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する