プログラミングでメシが食えるか!?

萬年筆研究会へ

»

昨晩は仕事が終わってから実家へ。お盆に実家に行ったりもしなかったので、日本酒を持参して一緒に飲もうと思ったら、実家近くに住んでいる妹と甥も来てくれて宴会。

m1.jpg

娘が誕生祝いに買ってくれた金箔入りの日本酒も飲みました。桜の花形の金箔もしっかり飲んでおきました。

楽しく盛り上がり、すっかり酔っ払って、久しぶりにたっぷり睡眠時間を取れて、しかも珍しくたくさん飲んだ割にはお酒が全然残っていなくて気持ちよく朝食を食べて、萬年筆研究会に行こうと思ったら・・・

母がインターネットの調子が悪いということで調べたところ古くなった無線APがイマイチの感じで、買い物に行ったりして、結局昼食も一緒に食べてから出ることに。

m2.jpg

ついでに、父が愛用のペリカン万年筆の状態を見てと言うので、確認。それなりの頻度で使っているおかげでインクフローも良い感じで、何ら問題ない状態でした。もう1本は雑誌付録の鉄のペン先の万年筆。まあ、これは悪い紙に殴り書きする時に使うようで、ペン先は硬いし、あまり面白みのない万年筆。でも安い割に作りは良い感じでした。

m3.jpg

ちょうどM800を持っていたので、並べて記念撮影。父のはサイズも違いますが、10年以上(もっとかな?)前のものなので、一世代前のタイプです。

さて、実家から萬年筆研究会会場への一番運賃が安いルートを探してみると、なんとJRが一番安いのでした。他は乗り換えがあるので、部分的には安くてもトータルではJR。ということで、ちょっと距離も時間も遠回りですが、JRで会場へ。

m4.jpg

会場に着いたら既に15時前くらい。あまり時間がありませんが、仲良くさせていただいている方たちとおしゃべり。

m5.jpg

まずは、先日メッキを補修したキャップレスを、キャップレスを譲っていただいた人のところでお披露目。これは良くできていると評判でしたが、個人的には下地の仕上げが手抜きだったのでイマイチ。まあ、綺麗な他の2本と並べてもじっくり見なければ気にならない程度でしょうか・・・。

m6.jpg

今日は自重式キャップレスを譲っていただきました。本当は別のをと思っていたのですが、未使用品で、あなたのように使う人には高いしもったいないから、汚いのが安く出たときにした方がよいと言うことで・・・。まあ、私は絶対に使いますからねぇ。確かに未使用品はもったいないです。

m7.jpg

こちらは、クリップのメッキが剥げたキャップレス。失敗してもいいから、メッキをしてみて、と、お願いされたので、お預かりしてやってみることに。

m8.jpg

とりあえず、お預かりしたのも含めて手持ちのキャップレスを並べてみました。

m9.jpg

さて、手前の小さな万年筆はインド人が手作りした超小型万年筆。予約していなかったのですが、残り物を譲っていただきました。ならべたモンブラン149との差が凄いですねぇ!

m10.jpg

吸入機構はなく、昔ながらのアイドロッパー式です。小さすぎて書きにくいのですが、インクを入れて使ってみる予定です!

短い時間しか会場にいられませんでしたが、やっぱり楽しいオタクの集いなのでした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する