プログラミングでメシが食えるか!?

著書の素敵な書評を書いていただけました!

»

ブロガー仲間の片岡さんが「プログラムは技術だけでは動かない ~プログラミングで食べていくために知っておくべきこと」の書評を書いてくれました!

片岡さんとは最近お目にかかれておらず、著書も読んでいただけるのであればオルタナブロガー仲間ですし差し上げるべきところでしたが、すぐに買っていただいてしまったようで。。

私がたまに書く適当な書評と違い、先日の山口さんの書評もそうでしたが、皆さんとても立派な記事にまとめてくださり、嬉しい限りです。

お二人の書評に共通しているのは、各章で興味深い点を取り上げて自分なりの感想を書かれている点です。これは、まじめに全体を読まないとできないことです。私のように流し読みして1冊全体からワンポイントしか取り上げないタイプとは大違いです。

その共通点とは対照的なのが、スタイルで、山口さんはひたすら文字数で攻めてくるタイプ、片岡さんはイメージや写真を差し込みながら引きつけるタイプですね。いずれにしても、内容もボリュームも恐れ入るばかりです。

片岡さんからは、「気が早すぎコメントで恐縮なのですが、次の著者が出る日を楽しみにしています。」とコメントをいただきましたが、、今回のような読み物は技術解説本と違い、とても精神的に負担が大きいのです。まず、「こんなことを書いてなんの役に立つのだ?」という思いとの戦い、そして、「読み通してもらうために、文章をそれなりに盛り上げつつ勢いの途切れない状態で書く」ための精神力とタイミング、そもそも「1冊分にするだけのネタとそれぞれのネタの関連性」など、勢いで適当に書いているように見えて、実はかなり悩むのです(そうでもないかな・・・)。特に、企画が通ってから、ある程度のボリュームになるまでは、何度も投げ出したくなるような状態になります。まあ、あまりにも無計画に書き進める私の取り組み方に問題がある気もしているのですが・・・。

ということで、次の著書は、余程機嫌が良くなるような出来事でもないと、今の時点ではあまり考えたくもない気分ですねぇ。最近、精神的に疲れることばかりですし。とはいえ、こうやってお世辞でも「次を楽しみにしている」と言っていただける幸せ者ですから、前向きに・・・!

Comment(3)

コメント

片岡あさ

小俣さんのブログに連日の投稿をして恐縮なのですが、とても嬉しいご紹介をありがとうございました。


小俣さんが書評を書いた人の努力やいいところを理解した上で、皆様にお伝えしてくださるところも感激でした。

山口さんと私の書評で共通しているところ、個性の違いが出ているところがわかって、その点も面白かったです。


山口さんは小俣さんの本をかなり読み込んで、重厚に書かれていますね。私とは違うところに着目されているところも面白いなあと思いました。長文を文字だけでも筆の力で読ませる骨太さがすごいなあと思いました。


読み同じ本の書評の読み比べは、とても面白かったです。オルタナブロガーで良かったなあと感じました。


小俣さんの熱気と才気あふれる文体に対して、読み手それぞれが文体でも個性を発揮しているのも楽しかったです。脱線してしまいましたが、ご紹介をありがとうございました。

追記:本を一冊書くのはとても大変ですよね。原稿用紙200〜300枚くらいは書かないといけないでしょうし、確かに内容を煮詰めていくのもかなりの手間がかかるのだろうなと感じました。


次の本も読みたいのは本当ですが、小俣さんの体調か第一です。もしも小俣さんが「書きたい」と思ったときが来て、書かずにはいられないときに書いていただけたら、とても嬉しいです。くれぐれもご無理はされないでくださいね。

片岡さん、コメントありがとうございます。
私だけかもしれませんが、実は1冊書き終えた頃には、どんな内容を書いたか自分であまり覚えていないものなのです。山口さんや片岡さんの書評を読むと、「あぁ、そういえばこういう内容を書いたな・・・」と思い出す感じでして。。なので、書評を読むのは結構新鮮な気分なのです!

ブログのように書きたいことを書き殴っておしまい(私の場合は、ですが)、というのと違い、本の執筆はそれなりに体裁も整えないとならないので、私のように適当な性格だと大変です。編集の方のおかげでまとまっているようなものです。。またその気になって出版社さんからも機会をいただければ・・・

コメントを投稿する