プログラミングでメシが食えるか!?

ビデオデッキの修理成功と、個人的な思い

»

土曜日のブログに書いたのですが、自宅のビデオデッキの電源が入らなくなり、原因は電解コンデンサーだろうということで、昨日仕事で外出したついでに秋葉原に寄り、電解コンデンサーを買ってきました。

C1
左が破裂した電解コンデンサー、右が買ってきたものです。少し小さいですが、15V 1500μFで、定格は同じものです。確か1個180円でした。

昨晩は毎週メタボ対策で続けている水泳だったので、帰宅が遅くなったのですが、せっかく買ってきたので修理しました。すでに破裂した電解コンは外してあったので、新しいものを半田付けして、元通り組み立てるだけです。分解する際はコネクターが外れなくて苦労しましたが、組み立ては簡単で、15分くらいで完了です。

電源をONにすると・・・
C2
無事に起動しました!

たった360円(実際は予備も買ったので倍ですが)で復活です。おそらく修理に来てもらうと、出張費と電源ユニット交換で1万円以上かかるでしょうし、壊れた電源は捨てられると思うのでエコでないですね。今朝、妻に「修理費1万円でどう?」と言ったところ「お金ないのよね」と言われ、おそらく無償対応となりそうです。。うーん、私は使い方も知らないくらい、全く使ってないのに!

壊れた原因はおそらく冷却用のファンの故障ではないかと思っています。電源をONにしてもファンが回らなかったので。。冬の間は大丈夫かも知れませんが、今度ファンも買ってこないと駄目そうです。

以前、会社のWEBカメラのレンズ駆動部分が壊れた際に、プーリーが割れただけなので、プーリーだけ売って欲しいとメーカーに相談したことがあるのですが、部品のみでは売れないと言われ、そのメーカーの方と知り合いだったので、頼み込んでみたのですが、部品は厳密な在庫管理がされており、こっそり譲ることもできないと、諦めたことがありました。レーザープリンターが壊れた際にも、壊れた部分は紙を押さえる爪が1つ折れていただけで、爪の位置を交換して無理矢理使えるようにしていたのですが、やっぱり不便なので爪だけ売ってとメーカーに依頼したら、それは無理、と言われ、結局そのときは総務担当者のネゴシエーション能力で(?)無償でユニットごと交換してもらえました。

毎回、部品だけ買えればどれだけ使い続けられる製品が多いことかと、がっかりするものです。メーカーとしては下手にいじられて、もっとひどいことになる心配もあるのでしょうけれど、どうせ保証期間も過ぎたものであれば、やって駄目なら諦めれば良いですし、ここを交換すれば必ず直るとわかっていて、直せない悔しさは何とも言えないものです。まあ、メーカーとしては新しいものがどんどん売れた方が良いのでしょうけれど。

そんな思いがあるので、当社では(私は?)せっかく買っていただいた製品は、使いたいと考えていただいている間は、なんとか使い続けていただけるよう、サポートをしたいと思っています。以前書きましたが、20年前に買っていただいたCADシステムをサポートし続けている例もあります(もちろん、背景にはお客さんとの良好な双方向のお付き合いがあったためではありますが)。ビジネス優先なら社内のルール通りに対応し、「新しいものを買って」「諦めて」ということになるのでしょうけれど、今後当社が大きく発展できたとしても、お客さんに喜んでいただくことも忘れずに、メンバー一人一人が自発的に行動して欲しいと考えています。

Comment(12)

コメント

オオハシ

いい話だね。オレもそういう人間でありたい。

大橋さん、久しぶり!
珍しい話題に反応してくれたねぇ。

今日、冷却用のファンを交換用に買ってきていじってみたら・・・ファンは壊れてませんでした。。
温度ではなく、メカが稼働するとファンも回るようになっているみたい。一応エコかな。
ということで、余ったファンを何に使うかなぁ・・・。

全く同感ですね。
基本的に何でも直るものです。
部品でもっとも寿命が短いのが、電解コンデンサー、次がチップコンデンサー、最後にパワートランジスター、後は半田やけ等での接触不良、これだけ直せるとほとんど無敵です。
オシロ(オシロスコープ)が無くても、デジマル(デジタルマルチメーター)だけでも何とかなります。
私もコピー、プリンター、ビデオ、DVD、掃除機、ドライヤー、プレーヤー、ラジオ、水槽用ポンプ、MP5プレーヤー、もちろんパソコンと今までいろいろ直して来ました。
することが無くなったら修理屋にでもなろうかな。
小俣さんいっしょにどう!

宮沢さん
少なくとも、目で見てすぐに壊れている箇所がわかるのに直せないのは精神的に良くないですよね。
修理屋ですか?うーん・・・直すと自分で欲しくなってしまいそうな気が。。

以前オーディオのコンデンサが焼けて、修理が2万したことを思い出しました(泣)。
もし、電子基板の異常の原因が分かったのなら、私も直すことはできますが、
その原因を見つけることができません(結局、直せないんです・・・)。
原因を見つけられることに、「すごいな~」と、ただただ尊敬の眼差しです。

竹内さん
オーディオ用のコンデンサーだと高いものもありますけど、それでも2万円のほとんどは工賃でしょうね。
電解コンデンサーの破裂は一目見ればわかりますよ。頭が裂けていますから。
見つけるよりむしろ、分解するのに手間がかかるくらいですね。
FETが焼けたりしたのも見てわかりますが、見てわからないものは面倒ですね。でも、大抵電源が入らない時は電解コンデンサーなので、それだけで直せるものがほとんどです。

小俣さん
「電解コンデンサーは頭が裂けている」
「電源が入らないほとんどは電解コンデンサーが原因」
なのですね。
回路図を見て新たなものを作ったことはあるのですが、
故障を直したことがなかったのでどんな症状になるのか分からず、
いつも修理に出していました。勉強になりました。
今度、壊れたものがあったら分解してみます。ありがとうございました!

竹内さん
PCでも、電源やマザーボードの電解コンデンサーがいかれることが多いです。
PCくらいなら大丈夫ですが、高電圧を使っている場合は、くれぐれも電解コンデンサーの放電をしてから触りましょう!

先日ホットカーペットの電源がつかなくなりました。こちらのエントリを思い出し、捨てる前に軽く原因を探ることに。コントローラをばらしたらヒューズっぽいやつがいました。型番から調べるとミクロン製のヒーターつきヒューズという製品で、異常発熱を普通の温度ヒューズとして検知するだけでなく、異常電流が流れこんだ場合もヒューズと隣り合ったしたヒーターが発熱してヒューズを切るという仕組みの部品だそうです。ヒューズの線の抵抗を計ったら完全に切れてました。それと、3年ぶりくらいに出してきたテスターの電池も切れました(笑)
暖房製品なのでさすがに修理は怖いです。何かがかぶさって発熱でヒューズが切れたなら交換だけで直りますが、回路異常だと真の原因を探らないとヒューズ交換だけでは直せないですしね。回路を追うスキルが皆無なので残念ながら諦め、新品も5千円くらいで入手できました。

山口さん
回路はそう簡単に壊れないと思いますが、不安な気持ちのまま使うくらいなら、買い換えた方が良いものも多いですね!

横山

小俣さんと同じように、電源が入らず、開けてみると電解コンデンサーが変色していました。
多分、うちの機種も小俣さんのと同じだと思います。直したいんですが、良い方法は有りますか?
私は素人です。

コメントを投稿する