日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

人生の満足度を高める8つのコツ ― 最近の研究から

»

「なぜ、ある人は他の人に比べて幸せなのか?」を研究している学者さんがいます。これはハッとするテーマですよ。もし幸福感がある程度自分でコントロールできて、それが健康維持、ひいては医療費削減につながるとなれば、国家プロジェクトもの!かも。

下記は、研究成果を一般向けにリスト化したもの。複数のblogで引用されています。2005年1月のTIME誌に"Eight Steps Toward a More Satisfying Life"という題で寄稿されていたようなのですが確認しきれず。

  1. いい事を思い出そう。書き留めておこう。 (Count your blessings)
  2. 親切を実践しよう。定期的に、かつ機会を見つけて。 (Practice acts of kindness)
  3. 人生の喜びを味わおう。楽しい瞬間を逃さずに。 (Savor life’s joys)
  4. 助言に感謝しよう。躊躇せずお礼を言おう。(Thank a mentor)
  5. 許すことを学ぼう。 許せば前向きになれる。(Learn to forgive)
  6. 友人や家族のために時間を使おう。心を配ろう。(Invest time and energy in friends and family)
  7. 心身の健康を保とう。睡眠と運動と笑顔を忘れずに。(Take care of your body)
  8. 辛い時を乗り切る、自分なりの術を身につけよう。 (Develop strategies for coping with stress and hardships)

人生の満足度を高める8つのコツ - *ListFreak

「親切を実践しよう」なんてのはいいですね。彼女の他の論文に詳しい研究結果があるようですが、他人に親切にするといった「行動」が重要らしい。

Comment(2)

コメント

ラフィン

「親切を実践しよう」ができる人は他の全てができる人かも。
自分一人でできることと、他人と分かち合うことが不規則に混ざってリストアップされていますね。
「どうやって気付かせるか?」が重要だと考えますが、その辺りがどのような研究をされているのでしょうね。
「なぜ、ある人は他の人に比べて幸せなのか?」は何故相対評価なのでしょうね。
..というあたりで「ハッ」とできなかったです。

ラフィンさん、
> 「なぜ、ある人は他の人に比べて幸せなのか?」は何故相対評価なのでしょうね。
同じ事象に出合っても肯定的に捉える人とそうでない人がいるのはなぜか、というような意味だと解釈しています。もうすこし詳しい背景については、Sonja Lyubomirsky氏のサイトに研究概要と論文が載っていますよ。
http://www.faculty.ucr.edu/%7Esonja/index.html

コメントを投稿する