世界を変える為のオピニオンをソーシャルメディア×グローバル×マーケティングを軸に発信していくブログ

ソーシャルメディアを活用する前に最も必要な事、それは「自分を知る事」

»
Blank

20110723_215457


突然ですが、私は高城剛氏を生き方、考え方の
お手本にしております。

今後色々な事を知り、多くの人とお会いしていく中で
どう変わっていくかはわかりませんが、
少なくとも3、4年近くは高城氏を尊敬してます。

もう何冊も高城氏の著書を読み影響されまくってきましたが
新しい新著「これからの時代の生き方」にもまたまたやられました。
というのも私が日頃から考えていた思いや疑問点と同じ事を
述べられていたからです。
(私自身が影響されまくっているので、
自然と同じ思考になってきているという事ですよね、、)

まず高城氏も述べられていて、私自身も声を大にして言いたいのは
「出る杭になれ」という事です。

これは国際社会では至極当たり前の話で
だからこそ私たちには個人の自由が与えられているのです。

そしてその為にも今一番必要なのが
「自分を知る事」です。
自分は何者なのか、何を大切にするのか、
生きていく目的は何なのか、解決したい問題は何か。
そのような問いを自分自身にしてみた事が
ある方はどのくらいいるのでしょうか?

徹底的に個人と対話する以外に、
今の時代を、そしてこれからのより顕著になっていく
個人の時代に適応できる道はありません。
なぜなら自分の価値観の基準が無い人に
誰も共感するはずもないですし、
自分を知らない人が相手を
理解できる事なんてないでしょう。

Questionmark_3

また、高城氏が警鐘を鳴らしているのが

「個」を確立する前に「つながり」を重視して
相互依存に陥り、他人との繋がりで個を形成しよう、
自分を探そうとしようとする現象についてです。
この考え方にはとても驚かされました。
確かにTwitterやFacebookなどで気軽に
人々と繋がれる時代だと、このように他人依存する
人がいてもおかしくありません。
いや、必ずいるでしょう。

つまり自分の考えがあってこそのコミュニケーションであるのに、
まず相手に頼ろうという考えが前提となっての繋がりという事です。

確かにこれまでの経験からして
「自分が何者で何をすべきか知り、発信している人」と
そうでない人との話した時のパワーは
マリアナ海峡くらいの差があると感じます。
(前者になるために頑張ります!)

Mariana

ブログやTwitterで考えをアウトプットする
ツールがあるのでそれを活用していない時に比べ
今は「考える」時間が増えた事が幸いです。

今、時代は私達が思うほど急速に進んでいます。

我々は今、自分を知り、そして行動して、
アーリーアダプターになるべきです。
その位生き急がないと人生を楽しめないのはもちろん
生きづらい世の中になってくるのは明白です。


「江戸時代、日本のシステムを憂い、脱藩した者が新しい日本を作った。
人生に大きな変化をもたらす自分の決断に、年齢の立場も一切関係ない」

以上、高城氏からインスパイアされた、私の考える事についてまとめました。

Blank

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する